高円寺フェス2020 前夜祭! 『神崎 由衣&鈴音 三葉 ツーマンライブ』

週末前の夜は、つながりの長いアニソンシンガーのライブがある。ということで、仕事を終えてから東京メトロ銀座線・丸ノ内線で新高円寺に向かい、会場の「新高円寺 カナデミア」(写真上)へ。17時45分開場なので、既に開いている。受付は「夜のお茶会」で手作り料理や菓子を振る舞う、神夜 零さんが担当。久々に手作り菓子を受け取って、中では主役の1人である、神崎 由衣さん(写真下)に会って開演前のトークタイムを過ごす。そして、定刻より10分遅れの18時10分に開演。

オープニング。主役の2人である、神崎 由衣さんと鈴音 三葉さんが軽く紹介して、内容や注意事項アナウンスを行う。
【第1部】
鈴音 三葉さん。まずは、いきなりハイテンポな曲から歌って、軽く手拍子を打って突っ走る。次は、知名度高いアニソンを歌って、手拍子を鳴らして小さくヲタ芸をやるヲタもいて加速し続けていた。紹介と神崎 由衣さんとのつながりを語ってから、最後はロックがかった有名な曲を歌って、手拍子を響かせて熱くなっていた。
神崎 由衣さん。まずは、ゆったりした曲から歌って、静聴モードになっていた。次もしっとりした曲を歌って、場がすっかり静まり返るのであった。紹介と次に歌う曲を語ってから、今度は懐かしの曲を歌ってしんみりすると、最後は少し明る目の曲を歌って、締めくくる。
ここで、約15分の換気タイムに入る。
【第2部】
神崎 由衣さん。一転してパワー全開な曲から歌って、手拍子を鳴らして時折手振りして小さくヲタ芸やるヲタと共に白熱していた。次は、ロックでパワフルな曲を歌って、手振りして手拍子を小刻みにガンガン飛ばしていた。今度は、よく歌う定番のあの曲を歌って、手拍子を響かせて晴れやかなムードを振りまいていた。と、暗めの曲を歌って静まっていたと思ったら、またパワー全開な曲を再び歌って、手拍子を打って華麗に決めたのであった。
鈴音 三葉さん。自ら雨女とボヤきつつトークを入れてから、まずは有名過ぎる和風アニソンから歌って、手振りして手拍子を小刻みに燃え上がると、次は夜にピッタリな曲を歌って、手拍子を鳴らして時折手振りして気分上々になる。トークを挟んで、最後は聞き覚えある曲を歌って、手拍子を響かせて明るさいっぱいになっていた。
由衣×三葉 コラボ。学校の雰囲気を漂わせて、晴れやかな曲を歌って、手拍子が飛び交いノリノリになっていた。
エンディング。それぞれの告知をした後に、サプライズでケーキが出て来た。こうして、約2時間のライブは終演となった。
この後は、物販・交流タイム。物販もそこそこに、1時間以上のザレトークが時間いっぱいまで続いてから、見送られつつ会場を後にしたのであった。