Kukuri 一周年記念主催LIVE 「縁MATSURI 〜初詣〜」

昨年秋、渋谷でたまたま会ったことでつながった縁が、今日につながるとは。雨が降る中で、仕事を終えてから東京メトロ半蔵門線と都営新宿線で新宿三丁目に向かい、会場の「新宿 Wild Side Tokyo」へ。18時開場なので既に開いており、受付して中に入ると久々にMannieさんと主役の紫音さんに会った。開演10分前に、MCの月永 一朗さんによるライブ紹介と注意事項アナウンス。祭りという事で縁日と言えば屋台、そこでフードは、お好み焼き介ちゃんの豚玉お好み焼きと、ててめしのカレーライス。そして、定刻の18時30分開演。
Amazing Making Alive。アメアラ。ヴォーカルのYuyaさん、ギターのTAMAさんと、サポートベース、サポートドラムの4人体制。手拍子が鳴り響く中で、まずは程々のテンポな曲から歌って、掛け声を上げて手拍子を小刻みに途中で語りを挟んで駆け出す。次はハイテンポで明る目の曲を歌って、掛け声を上げて手拍子を鳴らしてズンズン突っ走る。紹介して、今度は一転してゆっくりした曲を歌って、静聴モードになりつつ時折掛け声を出していた。ここで紫音さんが加わり、コラボという事で例のアニソンを歌って、掛け声を上げて手拍子を打ってメリゴーもやって大はしゃぎ。最後は、ジャンプして派手に暴れる曲を歌って、掛け声を高らかに手拍子が飛び交い熱く燃え上がる。
転換のため、MCタイム。
Stir。Shiyaさんと榊音 結依さんのペア。久々に会う。まずは、古風アニソンを歌って、手拍子を打って華やかに駆け出す。次は、重低音を轟かせた曲を歌って、手拍子を鳴らして場の雰囲気を醸し出す。紹介して、今度は激しさ全開のオリジナル曲を歌って、掛け声を上げて手拍子が飛び交いステップを踏んで時折ヘッドバットもやってブッ飛ばしにかかる。さらに、悲壮感漂うハイテンポ曲を歌って、手拍子を小刻みに掛け声を上げて夜のムードを高める。最後は、熱さ全開の爆速曲を歌って、掛け声を上げて手拍子を小刻みに大暴走する。
Cross Revol。黒服の槙野 明さんと、白服の髙良 かすみさんのペア。まずは、やや暗めのハイテンポなオリジナル曲を歌って、掛け声を上げて手拍子を小刻みに駆け抜ける。紹介して、次は切なさ漂うオリジナル曲を歌って、手拍子を打って落ち着きを見せる。今度は、淋しげなオリジナル曲を歌って、場が静まり返るのであった。告知してから最後は、結成のキッカケとなった曲を歌って、掛け声を上げて手拍子を小刻みにガンガン飛ばしてきた。
転換のため、小休止。

ソノラエイド。一日限定の復活。ヴォーカルの大地さん、ギターのHirotoさん(現 Avilis)、ベースのko-eiさん、ドラムの傑士(たけし)さんと、サポートギターの5人体制。まずは、ロックながら緩やかな曲を歌って、掛け声を上げて手拍子を打って駆け出す。次は手拍子が鳴り響く中で、ややハイテンポな曲を歌って、ジャンプして手拍子を打って時折掛け声を上げて手振りしてノリノリになる。今度は、重さと熱さを感じる曲を歌って、手振りしてヘッドバットやって時折掛け声を上げて気分良く。紹介して、新曲披露という事で歌って、掛け声を上げて手振りしてガンガンやりまくる。最後は、ヘッドシェイクして激しさを強めた曲を歌って、時折手拍子を小刻みにブッ飛ばしていた。
転換のため、小休止。
Kukuri。今回の主役。ヴォーカルの紫音さん、ギターのTAMAさん、ベースのkouさんと、サポートドラムの4人体制。今回で、TAMAさんがKukuriを卒業する。和風BGMが流れて、メンバーが登場。まずは、雅やかなロック調の曲を歌って、紫ライトを振って時折手振りして気分高まる。御礼を述べてから、次は雰囲気を一転してハードで激速な曲を歌って、ヘッドシェイクしてライトを振って時折手拍子を小刻みにブッ飛ばしてきた。紹介して、一昨年12月に結成してからの事、今回の出演者とのつながりを語りつつ、約1年を振り返る。今度は新曲で、縁切りをテーマにして歌って、過去の厄災を切り刻むように手振りしてジャンプしてライトを振って鮮やかに決める。さらに、ハードでパワフルな曲を歌って、掛け声を高らかにライトを振って時折手拍子を小刻みにガンガン飛ばしてきた。今後の活動を語り、最後は馴染みのある曲を歌って、掛け声を高らかに手拍子を鳴らしてメリゴーやって派手に大盛り上がり。
で、終わるわけ無いでしょ。手拍子が止まらない。はい、アンコールだよ。kouさんが1年と今後を語り、紫音さんが今日までの縁に感謝する言葉を述べてから、大事にしている曲を歌って、手拍子を打って手振りして終わりを惜しまんとばかりに燃え上がり、約3時間15分のライブは終演となった。
この後は、写真撮影タイムを経て抽選会が行われる。で何と、紫音さんと酒が飲める? 特典をゲットしたのだ。ただ、今日は厳しいので後日。そして、物販・交流タイム。しばらくして、会場を後にしたのであった。