渋谷GUILTY×Neontetra共同企画 『音の水族館』Vol.14 4th Albumレコ発LIVE! ~ヒデユキ誕生日も祝っちゃおう!~

さあ、7月終わりになると、またしてNeontetraのライブが待っている。そこで、都営バスで池袋駅経由で渋谷駅に向かい、会場の「渋谷GUILTY」(写真上)へ。17時30分開場なので既に開いており、受付を済ませて中に入ると、かなり埋まっていて今か今かと待っている状況だ。そして、定刻の18時に開演。
Super Lapin(スーパーラパン)。ヴォーカルのMyuさん、ギターのSho.Kさん、ベースのYo-SKさん、ドラムのShuichiさんの4人体制。手拍子鳴り響く中で、メンバー登場。ジャンプして、まずはリズム感じる曲から歌って、手拍子を打って追って手振りして気分良く。次はハイテンポに明るい曲を歌って、掛け声を上げて手拍子を小刻みに掛け声も加わり飛ばしにかかった。今度は、雰囲気変わってポップで晴れやかな曲を歌って、手拍子を鳴らして両手を上げて手振りして掛け声も加わりノリノリになる。紹介して、続いては夏にピッタリなハイテンポ曲を歌って、手拍子を響かせて加速を付けてきた。最後は、場内に轟かせるロックな曲を歌って、手拍子が飛び交い手振りして時折掛け声も上げて突っ走るのであった。
平村 優子さん。手拍子に囲まれて登場すると、まずは夜のムードにピッタリな曲から歌って、手拍子を打って途中で紹介を挟んで一転して涼しげになる。改めて紹介して、次は主役の紹介にちなんだ曲を歌って、場が静まり返る。ここで、サプライズゲストとして主役のNeontetraの2人が登場する。お互いのつながりを語って、今度はNeontetraのヴォーカルのセイカさんが制作した曲を歌って、静聴モードになっていた。ソロに戻って、最後は明るさいっぱいな曲を歌って、手拍子を鳴らして時折手振りして気分が高まった。
東京水族館。ヴォーカル・ピアノ・作詞担当のMilli(みり)さんとギター・コーラス・作曲担当の田村 信二さんのペア。軽く紹介して、夏の懐かしムードを漂わせる曲から歌って、手拍子を打ってノリノリになっていた。改めて紹介して、次は優雅な雰囲気の曲を歌って、手拍子を鳴らして大人の夜らしく見事に合わせていた。今度は一転して派手さを表に出した曲を歌って、手拍子を響かせて遊び心を高まらせていた。トークで、活動して1年である事を語る。さらにディスコな新曲を歌って、手拍子が飛び交い場内がディスコティックに早変わり。告知して、最後は夜に合わせたロックな曲を歌って、手拍子を打って熱さを強めて色香も漂わせる。

mocaさん。ピアノ弾き語りで、今回はギターの法西 隆宏さんとドラムの阿部 実さんのサポート加えた3人体制。まずは、甘さ感じる曲から歌って、手拍子を打って駆け出すのであった。紹介して、次は夜にピッタリなポップ曲を歌って、手拍子を小刻みにバンドライブらしさを出していた。一転して静けさ漂う曲を歌って、静聴モードになっていた。サポートの紹介してから、スペシャルゲストとしてNeontetraのベースのヒデユキさんが加わると、ヒデユキさんに意味深なバースデープレゼントを渡す。4人体制となったところで、今回のヒデユキさん向けの曲を歌って、手拍子を鳴らして明るさいっぱいにする。ヒデユキさんが引いて3人に戻って、最後はピアノを離れてヴォーカルとして最近リリースした曲を歌って、手拍子を響かせて楽しさいっぱいで締めくくったのであった。
KONSOME+。ヴォーカルの もえみさん、ギターの土屋 剛章さん、ベースのイッシーさんの3人体制。例のメロディが鳴ってメンバーが登場、今回はドラムサポート含めた4人体制。と思ったら、ベースがヒデユキさんではないか。と、本来のメンバーが来て、突っ込みつつバースデープレゼント。まずは、パワー溢れる曲から歌って、手拍子を小刻みに手振りも加わり追って掛け声を上げてブッ飛ばしてきた。次の曲でやる振り付けを一緒にしてから、激しさ全開な曲を歌って、掛け声を高らかに手拍子も小刻みに振り付け加わり大はしゃぎ。改めて紹介して、主役とのつながりを語る。今度は、リズム感じるロックな曲を歌って、手拍子を打って追って手振りも加わり突き進むのであった。最後は哀愁漂う曲を歌って、手拍子を鳴らして時折手振りも加わりジャンプしてノリノリになってトリにつなげる。
Neontetra。今回の主役。ヴォーカルのセイカさんとベースのヒデユキさん。手拍子鳴り響く中で2人に加えて、サポートギターの土屋 剛章さん(KONSOME+)とサポートドラムの鯉沼 彰さんも登場したことで、今回は4人体制。まずは、問いかけるような曲から歌って、場が静まり返っていたが追って手拍子を打っていた。次は勢い付くハイテンポ曲を歌って、掛け声を上げて手拍子も鳴らして突っ走りにかかった。紹介と御礼を述べて、今度は切なさ漂う曲を歌って、静聴しきりになっていた。さあ、明るさいっぱいで夏らしい曲を歌って、手拍子を響かせて手振りしてタオルを回して盛り上がる。何故か、ヒデユキさんがハイテンションに騒いでいた。出演者への御礼を述べて、リリースしたアルバム収録曲から新曲を初披露という事で歌って、しみじみと静聴していた後に観客と合唱して手振りしたのであった。最後は振り付けを言ってから、一週間を描いた曲を歌って、手拍子が飛び交いジャンプして振り付けして大賑わいな中で締めくくる。
で、終わるわけないよね。手拍子が止まらない。動画が流れて告知されて、終わるとメンバーが登場して、ヒデユキさんのバースデー祝いでケーキも出てきて、コメントを加える。青サイリウムが眩い中で、アンコールは明日につなげる例のあの曲を歌って、手拍子を打って手振りして終わりを惜しまんとばかりに熱くなって、約4時間15分のライブは終演となった。
この後は、全体撮影タイムを経て物販・交流タイム。時間が遅くなって、かなり急いで回って会場を後にしたのであった。