Live-A2Z Mark-041

日暮里プロモボックス!日曜日の夜に、日暮里に行くのは珍しい。それはさておき、今宵はつながりの深いアニソンシンガーの休養前最後の出演ライブがあるのだ。都電荒川線と日暮里舎人ライナーで日暮里へ向かい、銭湯に寄って夕食をとってから会場の「日暮里プロモボックス!」(写真上)へ。開場30分前に到着して待機していると、ヲタが続々とやって来るではないか。で、予約を入れた神崎 由衣さんと会った。そして、定刻の19時に開場すると受付して中へ入り、定席を確保した。そして、定刻の19時15分に開演。
トリくるぱん。制服姿の3人組で、青髪の トリキさん、金髪の くるみさん、黒髪の ひろぱんさん。まずは、ハイテンポなアニソンからダンスして、手拍子を小刻みにノリノリになる。次は夜のディスコムードな曲をダンスして、手拍子を打って熱さを感じさせる。紹介して、今度は派手な自己紹介ソングを歌って、手拍子を鳴らして突っ走りにかかる。最後は、振り付けしながらの晴れやかな曲を歌って、手拍子を響かせて時折手振りして華やかに締める。

Live-A2Z Mark-041 出演者(一部不在)咲音 あきさん(写真中・前列右)。声優。いきなり、懐かしさを漂わせるアニソンから歌って、手拍子を打って明るさいっぱいになる。紹介してトークでツッコまれて、次は明る目の曲を歌って、手拍子を小刻みに駆け抜けるのであった。トークで歌った曲の事を語って、一転して母にちなんだバラードを歌って、場が静まり返るのであった。告知してから最後は、ロックな盛り上がる系の曲を歌って、手拍子を響かせてヒートアップする。
神夜 零さん(写真中・後列右)。あの和装と狐面で登場して、妖しげな曲から歌って、フリップをめくって告知等をしながら、刀を出して舞踊をする。次は、ロックでハイテンポな曲を歌って、手拍子を打って駆け出す。今度は、緩やかで淋しげな曲を歌って、場が静まり返るのであった。最後は、暗さを強く出した曲を歌って、体を張った演技で見事に締めくくる。
神崎 由衣さん(写真中・後列中央、写真下)。ここでの、ライブデビュー時の肩出しワンピで登場。軽く紹介して、まずは定番で歌う曲から始めて、ピンクライトを振って手拍子を小刻みに打ってワンコーラスで。トークを長めにやってから、次はパワー溢れる曲を歌って、掛け声を上げて手拍子も鳴らして熱さマシマシに突っ走りにかかった。今度は、陽気なムードいっぱいな曲を歌って、手拍子を小刻みに時折手振りして晴れやかになってくる。トークで、タオルの事を語ってから、最後は季節は過ぎたが雰囲気にピッタリな曲を歌って、掛け声を上げて手拍子も響かせて一体感を強めたのであった。

神崎 由衣さんいずみさん(写真中・前列左)。中板橋商店街の活性化をお手伝いするために生まれた、パフォーマンスグループ「中板橋へそりんちょ!」のメンバーで、今回はソロで出演。軽く紹介して、まずはハードな曲から歌ってダンスして、手拍子を打って白熱する。次は明るさいっぱいな曲を歌って、手拍子を鳴らして時折掛け声も上げて晴れやかになっていた。改めて紹介して、今度は色香漂うハイテンポな曲を歌って、手拍子を小刻みにブッ飛ばしてきた。告知してから最後は、夜のムード漂うダンス曲を歌って、手拍子を響かせて華麗に締めくくる。
水地 こはるさん(写真中・後列左)。このライブは初出演。まずは、落ち着きある曲から歌って滑らかなダンスをして、手拍子を軽く打っていた。次はハイテンポな曲を歌いつつやや激しいダンスをして、手拍子を鳴らして色香を強めていた。紹介して、グダグダトークを繰り広げてから、告知して最後は晴れやかなアニソンを歌って、手拍子を響かせて気分良くなっていた。
森乃 真琴さん(写真中・前列中央)。まずは、ハードでハイテンポなオリジナル曲から歌って、手拍子を打って手振りして掛け声を上げてブッ飛ばしにかかってきた。次はハードでロックなオリジナル曲を歌って、手拍子を小刻みにグーパンチして、時折まこちゃんコールも飛び交い突っ走りにかかった。紹介して歌った曲を語り、来月で活動休止する事を述べてから、今度はパワー溢れる曲を歌って、掛け声を高らかに手拍子も鳴らして場内が赤熱してきた。さらに、柔らかな雰囲気の曲を歌って、時折手振りして静まっていた。一転して、明るさいっぱいなオリジナル曲を歌って、手拍子を響かせて気分爽やかになってくる。告知してから最後は、タオルを使う熱さマシマシなハイテンポ曲を歌って、手拍子が飛び交いタオルを回して掛け声も高らかに追って手振りして、終わりを惜しまんとばかりに燃え上がり、約2時間30分のライブは終演となった。
エンディング。早上がりのトリくるぱん以外、出演者全員が再登場して、追加の告知を行ってから撮影タイムとなる。
この後は、物販・交流タイム。22時30分までの予定だったが、延びそうと判断されて22時45分まで延長する。物販を回った後は、出演者との話で盛り上がっていた。そして、時間となって見送られて、会場を後にしたのであった。