トニカクオモロイライブ

江戸川橋 Studio With The Heart日中のオフ会が終わると、新高円寺から東京メトロ丸ノ内線と都営大江戸線、都営バスで江戸川橋へ向かい、時間調整を行ってから、会場の「江戸川橋 Studio With The Heart」(写真上)へ。待っていると、みでぃさんと会う。準備が遅れて、18時になって開場。バタバタしたままで、18時10分に開演。
オープニングアクト。タカムラZさんがBGM曲を流しながら登場。トークを続けてたら、自己紹介をすると言って絶叫。観客から、笑いが沸き起こる。
喜久田 ベニヤンさん。まずは、台詞付のノリノリなオリジナル曲から歌って、手拍子を打ってライブらしさを醸し出す。紹介して、曲について語る。次は、ゲームと現実のギャップに関する曲を歌って、ビミョーな雰囲気になる。トークで、栃木県から来たという。今度は一転して、バラード系でありながら少し駆ける感じの曲を歌って、軽く手拍子を打っていた。告知してから最後は、昨年秋に制作した愛車にまつわる曲を歌って、静聴しきりであった。
咲音 あきさん。いきなりハイテンションな曲から歌って、途中で紹介を挟ませ、掛け声を上げて手拍子を打って突っ走るのであった。次は春らしい早口な曲を歌って、手拍子を鳴らして駆け抜ける。今度はハイテンポな曲を歌って、手拍子を小刻みに時折掛け声も上げて手振りしてガンガン飛ばしてきた。最後はロックでパワー溢れる曲を歌って、途中で告知を挟ませ、手振りをして掛け声も上げて手拍子を響かせて気分良く。

トニカクオモロイライブばとらさん。まずは、懐かしのアニソンを軽く流して飛ばす。紹介して、関西拠点で滋賀県から来ていると述べる。次は、自己アレンジの演歌を歌って、掛け声を上げて調子を合わせる。今度はハイテンポな曲を歌って、掛け声を上げて突っ走る。告知してから、急遽変更してアップテンポな曲を歌って、手拍子を鳴らして見事に決める。と、何故か寸劇で一大事という事で、最後はミカンの曲を歌って、掛け声を上げて締めくくる。
空き缶さん。ややハード曲から歌って、手拍子を小刻みに掛け声を上げて、音切れアクシデントも乗り切る。次は一転して落ち着きある曲を歌って、場が静まり返るのであった。紹介して、今日の天気等を語る。今度は、今の時期に合わせた卒業にちなんだ曲を歌って、手拍子を鳴らしてノリノリになる。活動内容を語ってから、最後はアニメ映画主題歌を歌って、手拍子を響かせて時折掛け声も上げて爽やかになる。
ここで、1回目のスピーチタイム。タカムラZさんが再登場して、引退前のワガママを言うためというそうな。と、観客にサイリウムが配られ、オレンジに光るとタカムラZさんが引いて入れ替わりに誰か不明だがヲタ芸を打っていた。
鈴木 在人さん。時間的に押してるため、1曲カットとなった。芸人をやってる経緯を語ってから、最後に歌う予定のアニソンを最初に歌い、掛け声を上げて手拍子も打って明るさいっぱいにする。トークで芸能のキッカケを語ってから、最後はパチンコの曲を歌って、掛け声を上げて手拍子も鳴らして熱さ上々であった。

トニカクオモロイライブ 出演者
さあ、お笑いの時間だよ。タカムラZさんが出演者を軽く紹介しつつ進行した。
スマイルとうたにさん。まずは、世の中の不満を語る。店内のBGMのうるささ、服の値上がり、ラーメンの高さ。今度は、自らの悩みを語っていた。
石河 純さん。交際してた彼女の、別れる前の告白。悲惨な内容に、愚痴ったり不満をぶつけるネタを語っていた。
ラーメン大好き石塚さん(とんかつラーメン)。まずは、談志が○○または○○が談志だったら、を語る。今回は、ピンで出演してるという。サクラについても合わせて語った。
トリチューまささん。平成の色々な事、コレクションと称して、様々なケースを語る。
EジャンAジャン。えんがわヒロシさんとアコードたかしさんのペア。ショートコント数本を、体を張って勢いに任せる。
鈴木 在人さん。面接ネタ。ヲタがコンビニの仕事をする内容について語った。

ここで、2回目のスピーチタイム。タカムラZさんが再登場して、wataruさんの引退について、時折絶叫しながら語るのであった。
EXiA。ヲタ芸パフォーマンスチーム。時間の都合上、出演順が繰り上がった。今回は3人出演で、黄色、緑、オレンジのライトを付けて、歌無しアニソンにヲタ芸を打っていた。時折、観客からの手拍子や掛け声も加わる。ここで、アニソンを流しながら、ヲタ芸の技をいくつか魅せる。1人ずつ、3人揃って等を見事に演じるのであった。
Katy feat. Collean。Katyさんは、ここまるずのマネージャーである。紹介してヲタ芸を語ってから、まずは春にピッタリなネタ系の曲を歌って、手拍子を打ってノリノリになって、途中で「Collean」こと、如月 こりんさんが割り込み。活動を語ってから、次は普段は歌わない爽やかな曲を歌って、軽く手拍子を打った程度で静まったままであった。ここで、再び如月 こりんさんが登場し。さらにゲストヴォーカルのwataruさんも登場。この2人で明るくポップな曲を歌って、手拍子を鳴らして気分良く。wataruさんが引いて2人になったところで、最後は寂しげな曲をKatyさんが歌って、如月 こりんさんがダンスして、軽く手拍子を打っていた。
ここで、タカムラZさんのMCタイム。今までのライブ活動を回想する内容。

神崎 由衣さんさあ、ゲスト出演の神崎 由衣さん(写真下)が登場!! いきなり、知名度高いアニソンから歌って、掛け声を上げて手拍子を打ってヲタ芸も打って大驀進するのであった。
この後、BGMを流して時間調整していた。
wataruさん。ハードでロックな曲から歌って、手拍子を打って突っ走る。次はハイテンションな曲を歌って、手拍子を鳴らして時折掛け声を上げて加速を続ける。紹介して、今までの状況を語る。今度は明るいハイテンポな曲を歌って、掛け声を上げてガンガン飛ばしてきた。さらに、大切な相棒を想っての2曲を歌って、手拍子を響かせて燃え上がるのであった。トークで、大事な時に喉をやられると語る。終盤はオリジナル2曲を歌って、締めくくりの完全燃焼で熱唱しきった。歌う終わると、タカムラZさんから花束が贈呈される。
神崎 由衣さん。再登場して紹介すると、タカムラZさんとのつながりを語る。ピンクサイリウムが眩い中で、「タカムラ好きだろメドレー」と称して、まずは有名なアニソンを歌って、ヲタ定番掛け声に手拍子を打ってヲタ芸も加わり白熱する。次は妖しげなアニソンを歌って、ヲタ芸に掛け声を上げて熱さ増々感じさせていた。今度はよく歌うあのハードなアニソンを歌って、掛け声を上げてヲタ芸熱くなって、さらに有名なアニソンを歌って、ヲタ芸にヲタ定番掛け声に手拍子にジャンプと盛りに盛って大はしゃぎ。トークを挟んで、タカムラZさんへの想いを贈る懐かしの曲を歌って、手拍子を鳴らして気分上々になってきたところで、トークを入れて最後は、知名度高いアニソンを歌って、ヲタ定番掛け声に手拍子にヲタ芸と終わりを惜しまんとばかりに燃え上がり、華麗に締めくくる。
エンディング。出演者全員が再登場して、撮影タイム。この後は物販・交流タイム。ただ、咲音 あきさんは都合上物販無しで会って話すにとどまった。そして、神崎 由衣さんとチェキを撮りつつ話に花が咲いていた。そして、23時近くになって、会場を後にしたのであった。