BeRRY MUSiX 2019

Live Stage Guilty今夜は筋肉痛が治まらない中で、都営バスを乗り継いで渋谷に向かい、会場の「Live Stage Guilty」(写真上)へ。19時頃に到着したが、入口付近は非常に溜まっていた。15時30分開場で16時開演なので、この時点で、CLASSMATE⊿ CINDERELLA、爆弾幸気圧、REGiNA KiSS(大阪)は、出演済。DJはKOBAS。受付して入ると、HöLDERLINSが演奏中であった。
絶対倶楽部。部長でヴォーカルの天鶴さん、副部長でキーボードの瑠美奈さん、ギターの夢兎さん、ベースの一ノ瀬さん、ドラムの桐子さんのガールズ5人体制。爆走して奇声を上げて歌って、手振りとヘッドバットする。次は柔らかいながらロックな曲でヘッドシェイクにヘッドバットに手振りとガンガンに飛ばしていた。一転して淋しげな曲を歌って、掛け声に手振りにヘッドバットと時折手拍子で飛ばしてきた。今度は掛け声を高らかに滑らかな曲を歌って、ヘッドバットに手振りと突っ走る。切なさ漂う曲を歌って、手振りして驀進する。紹介と告知をして、最後はヘッドバットでチャージしてテンポ程々の曲を歌って、ヘッドシェイクに手拍子に手振りと熱くなって締めくくる。

BeRRY MUSiX 2019LAPiS LiGHT。ヴォーカル兼ヴァイオリンの零さん、ギターのvincentさんとYoseiさん(Crisis Slave)、ベースのザキ。さん、ドラムのトーマスさん(Phantom Excaliver)の5人体制。始まる前から筋金入りファンによる気合い入れ、LAPiSコールが飛び交って予熱される。始まると、手拍子乱舞でメンバーが登場。新春らしい曲から歌って、扇子が舞って手拍子を鳴らして手振り、零さんのヴァイオリン演奏も響き渡る。次は緩急を付けた曲を歌って、扇子に手拍子にヘッドシェイクと駆け抜ける。今度は爆速曲を歌って奇声が上がる中で、ヘッドシェイクに扇子にヘッドバットと大暴れ。さあ、零さんのヴァイオリン演奏が響き渡ると、落ち着きある曲を歌って扇子が舞って大賑わい。で、一旦引き上げる。
当然だが、終われない。手拍子とLAPiSコールが飛び交ってアンコール。仮装したメンバーが登場し、驀進する曲を歌ってヘッドシェイクに扇子にヘッドバットと突っ走りにかかる。次は激速な曲を歌って、扇子を振ってブッ飛ばしてくると、今度はハードな曲を歌って、ヘッドバットにヘッドシェイクに扇子とバリバリやりまくった。さらに、爆速な曲を歌って扇子を小刻みに振って突っ走ると、もっと加速を付けた曲を歌って、ヘッドバットに扇子とガンガンやって、リズミカルな曲を歌って、ヘッドバットをやってノリノリになる。で、珍しく零さんがトークして、メンバーが今年の抱負を語る。ドラムのトーマスさんは、今回が初出演という。さあ、最後は和を強調した曲を歌って、ヘッドバットにヘッドシェイクに扇子に手拍子と大盛り上がり。締めくくりの掛け声合戦で、熱く燃え上がって終演となった。
この後は、出演者全員揃って、写真撮影タイム。そして、物販・交流タイム。長蛇の列で待ってから、少し話して会場を後にしたのであった。