2018年夏の帰省道中の夕食、平和島いさりびで予想外が

平和島いさりび今年の夏帰省は盆前に予定を組んだので、7月最後の日に仕事を終えてから支度をして、都営三田線・都営浅草線・京急線と乗り継いで、平和島へ。
いつものように、羽田空港から早朝の便で伊丹空港に行くので、前日に羽田空港で泊まるというパターンである。夕食の場所はもちろん、以前にも行った「平和島いさりび」(写真)である。人気店であり、混むのは明らかなので、事前に予約は済ませてある。19時30分に到着。主人と奥さんにあいさつする。
今回も、テーブル席である。まずは、居酒屋のお決まりである「お通しに生」から。帆立とイワシ煮と、実に嬉しい組み合わせである。
ここで、「おまかせ5点盛」を頼もうとするが、先日の台風の影響で揃えられないため、「おまかせ3点盛」に変更して、併せて「豆富サラダ」も頼む。言うのも何だが、実にヘルシーな頼み方である。
生を飲みきったので、ここで「ウーロンハイ」を追加して、「イワシ刺し」「赤貝刺し」「カンパチ刺し」と刺身を満喫する。やはり、刺身は絶対に外せない。
その途中で、予想外が起こる。何と、顔見知りのアーティストやシンガーソングライターたちが入ってくるではないか。実はオフ会が行われるということだったようで、後からドンドン増えて大賑わいに、子供連れもいて盛り上がった様子だ。
一方で、主人に食べるの早いと言われる。まあ、空腹で行くので、食欲が止められないのである。そろそろ加熱物を加えたいので、「もやしガーリック炒め」「お魚達の天ぷら」「いさりびオリジナル鮪ホホ肉鉄板焼」を追加して、追い込みにかかった。ここまで食べると、もう満腹である。締めくくりは「あら汁」、この一杯が大事である。オフ会は、夏なのに鍋である。汗だくになる僕には、夏に鍋は不向きだが。約1時間半ほど過ごして、精算。再び、京急線で羽田空港へ行くのであった。次は、居酒屋ライブか年末年始帰省の夕食か、それとも?