yuuka birthday oneman live

赤坂GRAFFITIバースデーライブとなれば、やはり行きたいものである。連休明けで仕事を終えて帰宅してから、新宿三丁目経由で赤坂見附へ向かった。ところが、出発した時は大丈夫だったのに、赤坂に着いた途端に土砂降りとなってしまい、夕食をとりつつ雨脚が弱まってから、会場の赤坂GRAFFITI(写真上)へ。
小降りになるのを待っていたため、18時30分の開場時刻は過ぎており、受付は始まっていた。しばらく待った後に、定刻より15分遅れの19時15分に開演。
まずは、オープニングアクトの出演。yuukaさんがスタッフとして活躍している、ハピネスダンススクールから生まれたアイドルユニット「ナナイロ☆ドロップス」は、10代前半中心で今後期待できそうだ。今回は、あいみさん、きらりさん、りんかさん、すずかさんの4人が出演。オリジナル曲を歌い、観客の手拍子で盛り上がる。
続いては、yuukaさんとはトラファンつながりの、茂家 瑞季さん。1曲歌い、手拍子でまた盛り上がる。次はアニソンを歌ってテンションアップ。何のアニメかは、分かるよね。

yuuka birthday oneman live 出演者いよいよ、サポートバンドの準備で、ギター担当の三井 真一さん、ベース担当の遠藤 優樹さん、ドラム担当の林田 健一さんが調整に入る。
そして、待望のyuukaさんが登場。序盤は、ヴォーカルとして歌い始める。手拍子にサイリウムとハイテンションに、2曲連続で飛ばしてきた。それから、紹介とバースデー祝いのお礼を言って、少しトークを加えてから、次の曲を歌う。バラードが歌われると、観客たちは配られたヒマワリを左右に振る。ここでバンドメンバーが引いて、yuukaさんだけになったところで、ギター弾き語りとピアノ弾き語りで歌い続けた。
バンドメンバーをステージに戻してから、オープニングアクトで歌った茂家 瑞季さんとデュエットで1曲歌う。さらに、ナナイロ☆ドロップスの4人も加わり6人で1曲歌った。
中盤にさしかかり、また4人体制に戻してからカバー曲を歌う。アコースティックな感じに、またカバー曲を続ける。続いてオリジナル曲を2曲連続で歌うと、テンションアップにかかり白熱する曲を4曲連続で飛ばして、外のじめじめを吹っ飛ばさんとばかりの快感で締めくくった。
かに見えて、手拍子が止まらないのよ。そう、アンコールだよ。ワンマンライブに至るまでの経緯を話し、バンドメンバーを加えてバースデーケーキプレゼント。そして、デモCD収録曲を歌い、終演となった。
この後は、出演者全員集合で、あいさつして撮影タイム(写真下)。さらに、物販・交流タイムに入った。しばし過ごしてから、赤坂を後にした。みなさ~ん、楽しい夜をありがとう!!