2015年を振り返って

阪急茨木東口の商店街昨年秋に離職を余儀なくされ、昨年11月からライブ参戦があまりできる状態ではなかったものの、4月から新たな職場で再スタートを切りました。
今までのように、夜遅くなることはほとんど無く、平日の参戦も概ね可能な感じに思えました。しかし、仕事の内容は以前より濃くなっており、連日入れた時にはライブレポの執筆が遅れる事態も発生しました。
さらに、秋頃に重度の無呼吸が判明してCPAPを使い始めたこと、3年近く住んでいた住まいの退去が決まり、新たな場所で生活を始めたことも、今年の変化に含まれています。一見すれば悪くなっているように取られるかもしれません。しかし、実際は逆で良い方向に向かっているのです。今まで不足していたことや取り組んでいなかったことが、表面化したことによって行動に移せるようになりました。
思わぬ出来事によって振り回されたところも多く、かなり無理をしたところもあるな、と改めて思わされました。
来年が、さらに研鑽された自分に近づき、好感のもてる信頼のある人間になっていく、この路線を目指して前進してまいります。それでは皆様、良いお年を。