アニソン・ボカロ なま歌会 2015 Vol.10

LIVE HOUSE Kanademia控えめな8月のライブ参戦。最後は日曜日昼。天気が悪く、どんより曇り空の中、都営バスで新宿伊勢丹前まで行ってから丸ノ内線で新高円寺へ。こことくれば、もちろん会場は「LIVE HOUSE Kanademia(写真上)」である。
本来は14時に開場のはずなのだが、出演者の変動が生じて14時15分開場となった。何でも、出演予定だったSignalCatがキャンセルとなり、わずか4組という控えめ過ぎなライブになってしまった。受付を済ませて、ドリンクをオーダー。100円増しのオリジナルかりん酒のサワー割にした。準備していると、予約を入れた、神崎 由衣さん(写真下)と会った。何と、普段使っているキャリーバッグが損傷して、詰め替えたのだがスペースが狭くてライブ衣装が持ち込めないアクシデントに見舞われた。そうそう、オリジナルかりん酒のサワー割の感想を言い忘れていたが、濃厚ながら軽い甘さがあった、といったところかな。
14時45分開演。このライブの司会進行役、きみえさんが登場。見るからにボーイッシュな女芸人である。女性であるが、ドレス等が似合わない方である。

神崎 由衣さんHikaruさん。アニソンライブにしては至って清楚でノーマルな、白い服と紺色のロングスカートで登場。ただ、声が音響に押されている気がする。また、出演は月1~2回なので今後が期待されるシンガーといったところだろう。コスチュームは、男装する事が多いとか。トークはどうやら苦手のようだ。
るぅ汰さん。白シャツにチェックズボンと、男装している女性である。愛媛県出身で、上京して5ヶ月。会場到着時に階段を滑ってコケたそうな。舌の回りがかなり速いと思うほどの、超高速の歌をいきなりぶつける。3曲連続で歌ってからトークタイムに入った。
清田 朝美(ともみ)さん。グレーの制服少女で、13歳の中学生という設定。今回は、アニソンだけでボカロは一切無し。ここまでの出演者の身長が高かったのに、自分で一気に低くなったのを気にしていた。それを言ったら最後は… 2曲目からはメドレーでガンガン突っ走る。トークタイムで、怖い話を一つ。季節柄、良かったかも。
最後は、神崎 由衣さん。黒い服とショーパンという、珍しく普段着での登場。理由は前に書いたので省略。最初は昼なのに、夜の雰囲気を醸し出す曲から。3曲連続で歌い続ける。観客で盛り上がっているのと静まっているのと、極端に二極化しているのだが。こうして、終演を迎えた。
さあ、物販・交流タイム。だが、まともに物販が行えるのは神崎 由衣さんのみ。当然、話が盛り上がるのだが、残っているのは僕を含めてコアなファンだけ。他の出演者や観客は、撤収して引き上げていた。そのうちに終了となった。帰りはバスを使った。
みなさ~ん、楽しい昼をありがとう!!