Sactone-Proud! 2013

新宿SACT!東新宿駅の南側、日清食品東京本社の近くにあるライブハウス「新宿SACT!」(写真上)が、今宵のライブ会場なのである。ギター弾き語りのアーティストたちが集まる「Sactone-Proud! 2013」(写真下)は、18時に受付が始まり、18時30分開演である。
迷路のような通路を経てライブハウスへ。今回はテーブルと椅子が全面的に用意されていて落ち着いて聴ける。立ちっぱなしもいいが、こういうスタイルも「あり」だ。
まずは予約を入れた、あんじゅさんから。アメーバつながりで、このライブで初めて実際に会えるのだ。2年前までは出身地の北海道でバンドグループ活動をし、解散後に上京。それ以来、ソロ活動である。曲もバンド時代にやっていたものや、バンドでやりたかったが実現していないものなど、実力を魅せる素晴らしい内容であった。終了後、休憩中に話したよ。
次は、manana(まなな)さん。唯一、座りながらの演奏である。当日にCDリリースが間に合い、今回会場にいる分はあるという。ただ、僕は財布が泣いている。と、本人に聞こえてしまった。曲も賑やかな雰囲気を醸しだしてくれて、心が温まった。後に、隣に座って聞いていたよ。

Sactone-Proud! 2013後半に入り、金沢から全国に車で寝泊まりしながら活動中の、さとう みかほさん。珍しいことに、普通なら茶か水など、ペットボトルの飲料を用意するのだが、コーヒーを用意するという変わった方である。さらに、水、エクストラバージンオリーブオイル(セブン-イレブンのものに限る)も飲んでいた。もちろん、肝心の曲は各地を回ったかのような風情を思わせる、落ち着きのある内容だった。
最後はサンネンイチクミ。ぽかぽかアコースティックユニットである。ヴォーカル&ギターの岩野 智博さんとヴォーカル&キーボードの朝妻 真世さんの2人。元々3人だったのが1人脱退して、「3-1」から命名。ただ、検索すると学校関係だらけになって埋もれてしまうので、カタカナ表記になったという。曲は、実に家庭的で一昔前の子供の頃を思わせるような、ほんわかとした内容で、現代社会で忘れたものを取り戻させるかのような雰囲気に包まれた。
21時30分に終演。終了後は、物販・交流タイム。みなさん和みましたよ。そして、夜の明治通りを歩いて自宅まで帰ったのである。