年末の帰省前日、約1年ぶりに平和島 いさりびにて夕食

今年は新型コロナウイルス(COVID-19)に振り回されて、厳しい状況という中で、仕事納めで帰省前日という今日、夏帰省時には行けず約1年ぶりに「平和島 いさりび」で夕食をとることにしたのであった。もちろん、事前にマスターに連絡を行っている。仕事を終えて自宅に戻り、準備を済ませると都営三田線・浅草線を経て京急線で平和島に向かい、「平和島 いさりび」へ。
テーブル席に通され、まずは久々のアルコールということで、生をオーダーする。いきなり、毎度のように頼む「気まぐれ5点盛」が来て、思わず大喜びする魚好きの僕であった。と、早い段階で「あら汁」が来て、お通しが来るのであった。今日のお通しは、冬らしさを感じる組み合わせである。
気分良く呑んで食べて、ここで「男梅サワー」と定番の「豆富サラダ」を追加する。そろそろ、熱い食べ物が欲しくなるところで、「焼きサーモン」が来る。火の通しが上手で、焦げずにホクホクだったよ。今まで食べた、焼き鮭・サーモンの中では、最高峰と言って過言でないほどだ。野菜追加で「もやしガーリック炒め」も満足度が高い。周りは人数が少なめであるが、それでも賑やかなのは変わりがない。
さあ、いよいよ終盤というところで「生タコの天ぷら」は、タコの生感覚を損ねること無く、見事に天ぷらにするマスターの腕の凄さを改めて感じる。仕上げは「梅おにぎり」。しみじみと味わって、1時間20分ほど過ごしてお勘定。気分いいままに、京急線で羽田空港に向かったのであった。いつもマスターには、感謝ですよ。