新型コロナウイルスによる、緊急事態宣言を再び受けて

昨年4月に「緊急事態宣言」が発令されて、感染者の抑え込みが行われ、約2ヶ月で一旦は解除されました。しかしながら、冬にかけて感染者が急増していることを受けて、年明け早々の1月8日から東京都を中心とした1都3県に対して、ついに政府から再び「緊急事態宣言」が発令されました。
一度目とは異なり、対応が分かれることにはなっておりますが、外出に大きな制限が加わって在宅勤務が前にも増して推進されることとなりました。ただ、公共交通機関では混雑が緩和されている実感がなく、効果の程が疑問視されているのも事実であります。それでも、深夜時間帯の終電繰り上げの前倒しが実施されることになり、3月をメドにしたダイヤ改正にも盛り込まれるなど、影響力の大きさを見せつける状況になっていると言えます。
現時点では、2021年2月7日までとなっておりますが、現状では延長の可能性も高く、混乱は暫く続くでしょう。
相変わらず月並みの事しか言えないのですが、一日でも早く重い雰囲気が解消されることを願うばかりです。

けい・ぐらんで