DIOオフィシャル番組「ADIOS」スタジオ観覧

DIO番組「ADIOS」秋葉原ロケットゲートでのライブが終われば、次は押上にあるスタジオ「Wallop」にて、DIOオフィシャル番組「ADIOS」のスタジオ観覧があるのだ。開始は20時なので、30分前にスタジオ観覧券を買い、スタッフに渡して整理番号を発行してもらう。
と、DIOが来たではないか。が、1人いない。そのうちに開始時間が迫り、入場開始。観客は10人あまり来ていた。と、ギリギリにメンバー5人が揃った。
セットは、前にテーブルがあって2人が進行役で座り、後ろに3人が高めのいすに座るという構造。前は、三咲 はるさんと辻 茉子さん。後は紫野 ふみえさん、鈴木 伶佳さん、柴田 珠実さん。
仕切っているのは、主に「はぁーにゃん」(←三咲さん)。番組は、ライブでは聞けないことを話題にするのと、持ち込み企画を行うのがメインである。
今回の持ち込み企画は、辻さんが4人に「お題」を出して答えさせて、それが何かを明かす、心理テスト。例えば、「階段を上っていたが、疲れて休んだ。そこは何段目?」 これは、精神年齢を指すそうである。僕だが、500段と答えたので精神は仙人なんですかねぇ。
30分はネット上では無料閲覧が可能だが、最後の15分はエクストラタイムといって、スタジオ観覧者と有料会員のみの限定閲覧となる。それが終わると、スタジオを出て物販・交流タイムである。ここでもコアなファンたちがディープに話すので、30分以上たっても終われない。21時30分に押上を後にした遊び人。DIOのみなさん、楽しい時間をありがとう!! スタッフのみなさん、お疲れ様でした。