ラーメン春樹の怒濤のつけ麺

ラーメン春樹 超濃厚魚介とんこつ つけ麺仕事が終わっても、別の用事があって早稲田通りを停留所4つ分も歩いて、それを済ませたあと、戻り道にふと「つけ麺900gまで同一価格」という看板に引っ張られた遊び人。
その店は、「ラーメン春樹 高田馬場店」。その中で、定番の「超濃厚魚介とんこつ つけ麺」(写真)をオーダー。780円。麺の量は迷わず最大の900gに。また、冷盛りか熱盛りかも選べる。暑いので冷盛り。つけ麺の麺は極太であるため、茹でるのに時間がかかり、8分は待たなくてはならないという。
そして、ついに怒濤の900gつけ麺と対面。タレは麺に負けないほどのしっかりとした味で、絡み具合もちょうどよい。それでいながら、しつこさが無い。やはり、太麺には超濃厚なタレが合うようだ。と、麺が多いものだからタレが無くなってしまった。こうなったらタレを追加してもらおう。最後まで、徹底してガッツリといただく。
周りの客は学生など若者が多い。JR・西武の駅から小滝橋方面にあるのだが、どうやら人気があるようだ。さて、精算して帰ろう。大満腹で大満足だ。