佐々木 かの & 梅谷 陽子 2マンライブ

井荻チャイナスクエア
井荻チャイナスクエア

2023年最初のライブ参加は、久々のライブが出来る中華料理店がある井荻から。しかし、この日はJR山手線が渋谷駅の工事を行っており移動しにくいため、回避ルートとして都営三田線、都営バス、西武新宿線と乗り継いで井荻に向かい、会場の「井荻チャイナスクエア」(写真上)へ。定刻の11時50分に開場し、受付と食事・ドリンクをオーダーしてから席につく。ドリンクとつまみを食べつつ待っていた。そして、定刻の12時30分に開演。
まずは、主役のママシンガー2人であいさつとトークに注意事項アナウンスを行う。今回はサポートとして、ヴァイオリン奏者のさとパパさん(写真下・右)が共演する。
前半は、佐々木 かのさん(写真下・中央)のステージ。ほんわか和み系。軽く紹介してから、まずは新年に合わせた曲から歌って、静聴する。詳しい紹介を語ってから、次は昨今の事情から制作した淋しげな曲を歌って、静まり返ると、今度は痛みと悲壮感が漂う曲を歌って、よりしんみりしてくる。
ここで、さとパパさんのヴァイオリン演奏が加わる。トークを挟んで、一転して初期の大事な曲を歌って、心が温まってくる。さらに、子供にちなんだ曲を歌って、やや明るいムードになる。そして、今回のライブに向けて制作した新曲を歌って、ホットなひとときを過ごす。告知してから最後は、春に向けて晴れやかな曲を歌って、気分良くなっていた。
ここで、小休止が入る。

佐々木 かの & 梅谷 陽子 2マンライブ 演奏中
佐々木 かの & 梅谷 陽子 2マンライブ 演奏中

後半は、梅谷 陽子さん(写真下・左)のステージ。関西を拠点に活動中。軽く紹介してから、まずは土産物から制作した曲から歌って、ポップな雰囲気に染まっていた。歌った曲を語ってから、次は今回のライブに向けて制作した新曲を歌って、切なさを感じていた。
ここで、さとパパさんのヴァイオリン演奏が加わる。トークを挟んで、今度は切ないラブソングを歌って、しみじみするのであった。動画の告知をしてから、春にピッタリなデビュー曲を歌って、心が和む。さらに、障害を抱えた子供にちなんだ曲を歌って、心が温まっていた。最後は、ママ目線の曲を歌って、明るくなるのであった。
で、終わらないよ。手拍子が止まらない。アンコールだね。3人揃ったところで、このライブ唯一のカバー曲を歌って(写真中)、終わりを惜しまんとばかりに温かさが込み上がり、約1時間45分のライブは終演となった。
この後は、写真撮影タイムを経て、物販・交流タイム。佐々木 かのさんとは度々会っているのだが、梅谷 陽子さんとはSNSで少し話しているだけで会うのは初めてである。まあ、かねてから会いたかったのだが。しばらくして、観客が少なくなった頃に、会場を後にしたのであった。

佐々木 かの & 梅谷 陽子 2マンライブ 出演者
佐々木 かの & 梅谷 陽子 2マンライブ 出演者