Dias Records Presents! Girls Spark Vol.7

渋谷 Ruido K2昨日とは、うって変わって熱くなった今宵の渋谷。今回のライブ会場は、渋谷駅西側のバスターミナルが見える南側の「渋谷 Ruido K2」(写真上)。「Dias Records Presents! Girls Spark Vol.7」(写真下)に行った理由は、アメンバーつながりで未だ実際に合っていないアイドルがいて、今回に顔を合わせたいという思いであった。
18時過ぎに受付を済ますと会場へ。ここの造りは工場か船の機械室をイメージさせる。「池袋 Ruido K3」や「新宿 Ruido K4」に行った後なだけに、ペンキ塗りの鉄骨の構造は異色に映った。
18時30分、開演。まずは、加藤 未来さん。たまたま重なっていた。そして、いつもじゃない「みくたそ」だった。メガネっ子でライブ服(最近のライブは普段着が多かった)。最初なので、観客スペースは余裕があった。前で声援。物販は直後だったので落ち着かず。
次は、南 沙奈さんと逢坂 音音さんの2人組。OL風の服で決めていた。アメンバーつながりで、まだ会ったことがなかった。最後の物販で会えたよ。なんでも、この組み合わせはレアだという。普段は秋葉原で活動することが多いそうだ。
Cats★WANTEDは、本来は5人だが永井 李奈さんが来月から合流で不在だった。残念。で、ライブ中の観客スペースはヲタダンスが始まっていた。こちらも物販は直後。でも、4人全員に会えて良かった。
芦澤 望さんが終われば、いよいよお待たせ。予約を入れた、パステル☆ジョーカーの登場!! 観客の盛り上がりも上々!! そして、直後の物販タイムで名刺を渡すと、「知ってる~」と返事が。特に毎日ペタを付けてくれる今回の推しメンの八神 杏さんや、前々からアメンバーつながりの川上 さりさんは、すぐ分かったようである。

Dias Records Presents! Girls Spark Vol.7時間の制約上で最後まで残れないアイドルたちは、ライブ後に入口付近で物販を行なっていた。一方、その間にステージでは、平岡 なつきさん、紫音 みづきさんが歌っていた。そして、濱口 京子さんの時は、観客たちが気合だとばかりに、タオルをブンブン振り回していたではないか。
森崎 愛里さんの後は、L.A.が5人で登場。以前の新宿の時は6人だったので、あと1人はどうしたのかな? で、「えるえー」と書いた黒いシャツは前回と同じ。メンバー紹介の時や歌っている時に、メンバー名を書いたうちわが上がっていた。
Pop Lipはへそ出しの範囲が広い派手な服を着た3人組。途中、2人が観客スペースに乱入して歌ってきたではないか。おなかには何か変なことが書いてあるし。
最後は、森本 亜美さん。踊り中心の歌の時は、みんなはついていけていたようだが、僕はついていけない。こうして、21時50分、終演。
この後は、物販タイム。何人かに会ったが、時間がないので早めに帰ったのである。みなさ~ん、素晴らしい時間をありがとう!!