OSCAR MUSIC presents アニソンイベント”2.5次元”

大塚Deepa昨日からの雨で、気温がグッと冷え込んだ都内。やっと雨が上がった大塚へ、都電荒川線で出かけた。今回のライブ会場は「大塚Deepa」(写真上)。
ところが、僕は何を勘違いしたのか、3ヶ月前にライブが行われたHeartsへ行ってしまった。まだ閉まっていて、おかしいなと思ったら、会場が間違っていたことに気がついて、足早に向かったのである。
このライブはアニソンずくめで、名前も「OSCAR MUSIC presents アニソンイベント”2.5次元”」なのである(写真下)。15時30分に開演。まずは、土屋 有里花さん。以前のアイドルぷらすの時の衣装とほぼ同じ。ライブの衣装はこれと決めているのである。前ではコスプレ客、出演者が盛り上がっていた。幸先良く始まったようだ。
次は、黒瀬 まおさん。異様にサイリウムのあおりが目立つ。白黒はっきりした可愛らしい服装で決めていた。ソロ出演はここまで。
次からはユニット出演。超時空娘々から。「ちょうじくうにゃんにゃん」と読む。2人は序盤と終盤はデュエットで中盤はソロと、混ぜながら楽しませていた。おやおや、一人軽くヲタダンスをしていたぞ。
次は春菊。2人組。サイリウムを大量に用意してくれていたそうで、僕も受け取っては最前列で振る振る。
その春菊とのつながりのあるユニットが次の出演、Hydrangea(ハイドランジア)。ヴォーカルとギターの2人組。ギターも目立とうとしていたが、やはり可愛いヴォーカルに押されたご様子。
一方、物販・交流タイムだが、出演後に次の出演が行われる中で行われるという、珍しい体制であった。

アニソンイベント"2.5次元"次は、こんな長いユニット名を覚えられるのか、「家に帰るとしましまが必ず死んだふりをしています。」の2人。金髪で黄色いネクタイのセーラー服。まあ、名前より見たほうが覚えやすいと思う。終盤からは、いよいよバンドユニットの登場。
ネコmaNma(ねこまんま)は5人組。観客側は少しまったり感がしてきたが、ステージの熱さは変わらない。
飛行機雲追跡2課は、5人全員制服姿。見るからに軽音楽部な感じ。観客スペースで踊っている出演者が。家に帰るとしましまが必ず死んだふりをしています。の2人。
そしてトリは、とある水色の禁書目録。「とあるみずいろのいんでっくす」と読む。6人組。観客スペースは大盛り上がり、調子に乗りすぎてお抱えも。家に帰るとしましまが必ず死んだふりをしています。は前に増してダンス。出演者は、ちょっとグダグダだったが、そんなことはお構いなし。みんな揃って、どんちゃん騒ぎ。
21時20分、終演。最後は出演者集合写真を撮って、おひらき。出演者のみなさん、ありがとう!! そして、お疲れ様でした。