Strange Combination

秋葉原 CLUB GOODMAN 入口夕方まで行われていた、「第1回 JAT歌合戦 Spring Cup」が延びたために大急ぎで秋葉原へ向かった遊び人。江戸川橋から有楽町線、市ヶ谷で都営新宿線に乗り換えて岩本町へ。
ライブ会場の秋葉原 CLUB GOODMAN(写真上)に着いた時には19時を過ぎていた。が、会場内に入ると、まだ始まっていなかった。良かった。さらに、お目当ての Lively Trippers のヴォーカル、MoMokaさんに会っちゃった。顔まで覚えてくれていたので、なおさら嬉しかった。
このライブ「Strange Combination」(写真下)は、バンドであるため楽器等の準備・撤収が必要で、グループごとに小休止が入る。また、持ち時間は約40分。その間は、スクリーンが降りている。誰かが、両端の空いたスクリーンで、どうするんだよ、て言ってたっけ。
1組目は、茨城県からやってきた3人組のグループ、東前ストリッパーズ。いきなり飛ばしまくって、ほぼノンストップで突っ走って演奏していたよ。さらに、彼らの地元、茨城県のネタも。
2組目は、みなさんお待ちかねの待望のグループ、Lively Trippers。おやおや、タオルが次々と出てくるではありませんか。クルーは、かなりの人数いることが判明。僕も最前列でスタンバイ。
今回はバンド含めて5人勢揃い。下北沢では急遽キャンセルになったバンドのYasuhiroさんも、万全の体制で復帰。前回は演奏したくて仕方がなかったという、ピアノのKouさんとベースのJinさんもフル回転。もちろん、前回は押さえ気味だったギターのHIROさんも大ノリ。こうなれば、盛り上がらなくては損というもの。ジャンプ、タオル回しで大はしゃぎ。約40分の持ち時間も、あっという間であった。

Strange Combination3組目は、栃木県からやってきた2人組のB#(ビーシャープ)。途中で、ステージから飛び出して客席内で演奏してたよ。それも、くまなく。さらに、「栃木は北関東だよ、南東北じゃねぇよ。」と地元アピールも。
いよいよ最後、4組目は5人組のsnoto(スノト)。男女混合のグループとしては珍しい、バンドが紅一点のグループ。ただ、後の男性陣があまり喋らないようで、本当かどうかわからないがバンドがリーダー、といった感じであった。この頃になると、客席もまったり感が。
こうして、22時20分に終演。帰るときに、MoMokaさんに送ってもらったよ。わ~い。次のクルー旅が楽しみだ。とは言っても、小田原は土曜日で僕は仕事とバッティング。
バスは既に最終が行ったあとなので、都営新宿線と副都心線で帰宅。ようやく、中身濃厚な日曜日が終わった。