桜弥 ひかる Lv.50 誕生日ライブ 「五十の賀」

50歳のリアルバースデーを、ライブで祝うというのは素晴らしい事である。その素晴らしい方とは、今回のライブの主役である、桜弥 ひかるさんである。と言うわけで、仕事を終えてから東京メトロ半蔵門線と都営新宿線で新宿三丁目に向かい、夕食をとってから会場の「新宿 WildSide Tokyo」(写真上)へ。17時30分開場なので、既に開いている。受付して中へ入ると、観客が結構いるではないか。しばらくして主役が来ると、観客からのプレゼントラッシュ。そして、定刻の18時20分に開演。
オープニング。動画が流れ、出演者や主役とつながりがある方々が、有名な洋楽を歌っていて、静聴していた。さらに、主役の生い立ちムービーも。スクリーンが上がり、主役登場。まずは、懐かしく淋しげな曲から歌って、手振りして手拍子を鳴らして気分良く。
桜弥 ひかるさん&Mannieさんコラボ。さあ、有名過ぎるアニメの主題歌を歌って、手拍子が飛び交いハレーションを起こしていた。次は、アメリカのムードな曲を歌って、手拍子を鳴らして調子にノルノル。
natukoさん。5日前にバースデーを迎えた、このライブのMC担当。紹介して注意事項アナウンスを述べると、よく歌う晴れやかなムードの曲を歌って、手拍子を打って熱さ込み上げる。
血塗られた罪人達 -Bloody Criminals-。中二病ヴォーカルユニット。通称ぶらくり。明音さん、練乳王子さんのペア。紹介して、まずは激しいダークロックでハイテンポな曲から歌って、手振りして大暴れ。次は、パワフルなハイテンポ曲を歌って、手拍子を小刻みにガンガン突き進む。主役の祝福をしつつもコントなトークもしてから、今度は黒い雰囲気なロックオリジナル曲を歌って、手振りして時折ヘッドシェイクしてブッ飛ばしていた。最後は、暗さとロックを混ぜた曲を歌って、手振りしてヘッドバットやってヘッドシェイクして黒く燃えていた。
長田 美雪さん。2日前にバースデーを迎えた。まずは、悲壮感を満たした曲から歌って、受付でもらったサイリウムを振って赤く燃えている。紹介して、次は懐かしから新しくなっていく曲メドレーを歌って、手拍子を鳴らしてサイリウムを振って手振りして聞き覚えあるリズムに心が躍るのであった。トークを挟んで最後は、有名なアニソンを歌って、手拍子を響かせて白熱していた。
桜弥 ひかるさん&長田 美雪さんコラボ。トークを繰り広げてから、ミステリアスで重苦しい曲を歌って、手拍子を小刻みにサイリウム振って異様な雰囲気を漂わせる。
Mannieさん。かなり久々に会う。まずは、久々に奇怪でスローな曲から歌って、場が静まり返るが追ってサイリウムを振って異様な世界に誘う。次は、重さとハードさを掛け合せた曲を歌って、サイリウムを振ってズンズン突いてくる。今度は、切なさ強めた曲を歌って、静聴していたが追ってサイリウムを振っていた。最後は、悲壮感を前に出した曲を歌って、また静まってくるのであった。
ここで、約10分間の休憩が入る。
Shiyaさん。これまた、かなり久々に会う。前日にバースデーを迎えた。まずは、強さ全開な和風オリジナル曲を歌って、サイリウムを振って手拍子を打って驀進していた。紹介して、次は初冬ながら春を先取りした曲を歌って、手拍子を響かせてサイリウムを振って明るさ感じる。今度は、暗くパワー感じるハイテンポな曲を歌って、場が静まり返る。トークを挟んで、ここでACHILLES(アキレス)のギターのMinoriさんが登場して、2人でバースデーにちなんだ激しい曲を歌って、手振りして手拍子を小刻みにブッ飛ばしてくる。
桜弥 ひかるさん&Shiyaさんコラボ。Minoriさんが引いて、入れ替わりで主役が登場。白黒ワンピで可愛さがアップしていた。久々に歌う知名度高いあのアニソンを歌って、手拍子が飛び交いサイリウムを振ってヲタの雰囲気を醸し出していた。
TranS-O-さん。語りから入って、まずはハードなリズム感ある曲から歌って、場が静まり返る。次は明る目のロックな曲を歌って、依然として静聴しきりであった。今度は、ゆったりなロックという感がする曲を歌って、静けさが漂う。さらに、乱れた雰囲気な曲を歌って、手振りして賑わう。最後は、語りながら爽やかなムードの曲を歌って締めくくる。
桜弥 ひかるさん with 長田 美雪さん。スクリーンが下りて、動画が流れる。内容は、長田 美雪さんのヲタ芸。スクリーンが上がって、主役がソロで登場すると、まずは懐かしのアイドル曲を歌って、サイリウムを振って気分上々であった。次は、さらに時代が遡ったアイドル曲を歌って、手拍子を鳴らして途中で乱入した長田 美雪さんの主役への強制脱衣で危険度がアップする。今度は、熱さマシマシなハイテンポ曲を歌って、手振りしてサイリウムを振って格好も過激さが強まった。最後は、表に出せない内容な曲を歌って、ミョーなハイテンションで手拍子を鳴らしてサイリウムも振って激熱なムードに包まれていた。
エンディング。手拍子を鳴らす観客。しばらくして主役登場。手紙を読み、今回のライブについて、出演者について語っていた。そして、Shiyaさんと長田 美雪さんを加えた3人で、これからにピッタリなアレンジ曲を歌って、歌唱力の凄さに静聴するばかりであった。こうして、約3時間余りのライブは終演となった。
この後は、全体撮影タイムを経て、物販・交流タイム。久々の再会という事もあって、話で賑わって22時30分頃まで滞在していた。ただ、明日も仕事なので、ここで会場を後にしたのであった。