宝染花 美咲 「アマリリス」 リリース記念リサイタル

週末であるが明日に仕事がある為、神田のホテルからJRで田端へ向かい、会場の「田端 Live Space マリールー」(写真上)へ。18時開場なので既に開いており、かなりの観客が着席して待っていた。開演5分前に、注意事項アナウンスが流れてから、定刻の18時30分に開演する。
RUMIさん。オープニングアクトで登場し、ギターの池田 藤丸さん(黒薔薇マダム)がサポートとして共演する。紹介しつつトークしてから、海辺に合わせた懐かしの曲を歌って、手拍子を鳴らして気分いい滑り出しとなった。
みでぃさん。まずは、切なさ感じる今風な曲を歌って、手拍子を鳴らして軽くヲタ芸やってて時代を引き戻していた。紹介して歌った曲の事を語ってから、次は晴れやかなムードの曲を歌って、手拍子を響かせて時折手振りしてノリノリになるのであった。今度は、元気いっぱいな明るい曲を歌って、手拍子が飛び交い手振りしてヲタの空気になる。トークを挟んで、最後は久々に聴いたような主役気に入りの曲を歌って、手拍子を鳴らしてハレーションを起こしていた。
ミドル愛ドルみ〜ちゃん。まずは、自己紹介な曲を歌って、手拍子を打って異世界へ移っていた。紹介して、次はリリースしたての歯切れ良い曲を歌って、手拍子を打って駆け出す。トークを挟んで、今度は夜の雰囲気にピッタリな曲を歌って、手拍子を響かせて時折手振りして初冬の夜を飾る。告知してから、最後はかなり時代を振り返った有名な曲を歌って、手拍子を小刻みに熱くなって元の世界が戻って行くのであった。
ここで、1回目の換気を兼ねた小休止。と、YUCKEYさんが登場して主役の事を語っていた。
キャラメルミサイル。ヴォーカルの天海 ゆきさん、ギターの池田 藤丸さんのペア。軽く紹介して、先月リリースしたての夜のムードに合わせた曲を歌って、手拍子を小刻みにガンガン加速していた。池田 藤丸さんのトークショーを挟み、次はダークでパンチの効いた曲を歌って、手拍子を打ってライブのムードが染み出してくる。改めて紹介して、今度はゆったりなポップ曲を歌って、場が静まり返る。告知してから、最後は色香漂わせる曲を歌って、手拍子を鳴らしてテンション上がる。
立花 夢果さん。まずは、野球にちなんだハイテンションなオリジナル曲を歌って、手拍子を小刻みに眩しさ感じるのであった。紹介しつつ、野球ネタと主役とのつながりを語ってから、次は主役にちなんだ淋しげな曲を歌って、静聴しているのであった。トークを挟み、今度は明るさを表に出したオリジナル曲を歌って、手拍子を打って爽やかになる。最後は、秋に戻った感じの曲を歌って、場が静まり返ったまま締めくくる。
ここで、2回目の換気を兼ねた小休止。と、YUCKEYさんが登場して、リリース曲「アマリリス」の事について制作した池田 藤丸さんも加わり、トークショーを繰り広げていた。
神楽坂 エリーさん。7月以来のステージで、サックスのジェームズさんが共演する。まずは、夜の甘さ漂うオリジナル曲を歌って、手拍子を打って更ける夜を彩る。紹介して、次は懐かしく哀愁漂う曲を歌って、場が静まり返る。トークを挟んで、今度は懐古な雰囲気が伝わるオリジナル曲を歌って、静聴しきりであった。告知してから最後は、カバーでありながら決まって歌う懐かしの曲を歌って、手拍子を鳴らして気分上々なまま主役につなげる。
宝染花 美咲さん。今回のライブの主役である。経緯の動画が流され、2017年に解散したユニット「そよかぜ」の在りし日々も含めて紹介されてから、登場する。まずは、パワーみなぎるハイテンポなオリジナル曲を歌って、手拍子を打ってブッ飛ばしていた。紹介して、ここからは「そよかぜ」の曲を3曲連続で歌う。強さ感じる曲を歌って、手拍子を小刻みに懐古ムードが漂う。次は、中華な雰囲気する曲を歌って、手拍子が飛び交い晴れやかになる。今度は、一層レトロを感じるあの曲を歌って、手拍子を響かせて昭和なムードが場内に広がる。トークで、歌った曲や活動ならびに告知を語ってから、最後は今回のライブのメインと言うべき曲「アマリリス」を歌って、手拍子を鳴らしていい雰囲気になっていた。そして、締めの言葉を述べて終演となった。
この後は、物販・交流タイム。長蛇の列ができて、話でかなり盛り上がっている。やっと会えた時には、もう終了直前でアセアセする。そして、名残惜しさを感じつつ会場を後にしたのであった。