裕里菜×つっつ〜 バースデー2マン 〜秋恋し ゆるり楽しむ 音和み〜

今までの残暑を消すほど秋雨で冷える日曜日の昼に、毎年恒例の裕里菜さんのバースデーを祝うために、都営三田線で日比谷に向かい、会場の「銀座 Happiness & Peace Miiya Cafe」(写真上)へ。
11時45分開場なので、既に開いている。受付して中へ入ると、居酒屋ライブでおなじみの方と久々に会う。誰かは、分かるよね。少しして、定刻の12時15分に開演。

つっつ~さん(写真下中・右)。ピアノ弾き語り。まずは、スローペースな囁くような曲から歌って、場が静まり返る。軽く紹介して、次はやや明る目のテンポ良い曲を歌って、軽さを感じるのであった。今度は、緩やかな雰囲気な曲を歌って、ひたすら静聴するのであった。改めて紹介して、異様なムードな曲を歌って、静と動を行き来する。さらに、淋しげな曲を歌って、外の雨模様に合わさるかのようだった。トークを挟んで、すごく昔に制作した曲を歌って、心がホットになっていく。ライブへの想いを語って、最後は明るくポップした曲を歌って、気分が晴れてきたところで締めくくる。

裕里菜さん(写真下中・左)。まずは、夏を回想させる曲から歌って、少し前までの暑さを想う。次は、明る目の夏を想う曲を歌って、場は静まったままであった。紹介して、約3ヶ月ぶりのライブである事と近況を語ってから、一転して秋のムード溢れる爽やかな曲を歌って、しみじみしている。今度は、悲壮感漂う秋の曲を歌って、沈んだ空気が流れていた。ビールに関するトークをしてから、ビールソングをメドレーで歌って、静聴しきりであった。物販の告知を挟んで、明るさを戻す曲を歌って、ややホットになってから、最後は昼なのに夜の雰囲気の曲を歌って、気持ち良く締めくくる。
あれ、手拍子が。アンコールだよ。心温まる曲を歌って、静聴モードな空気が場を包んでいた。
トークコーナー。バースデー祝いで、花束とケーキ(写真下)の贈呈。バースデーの事、2人とのつながり、好きな食べ物、観客からの質問について、1年の抱負について、約20分間語る。
この後は、物販・交流タイム。密にならないようにする為、各席で待機するようスタッフから通達があった。1人ずつの対応で進み、やっと会えて少し話してから、会場を後にしたのであった。