再び土浦の和風らーめん「のらや」へ行く、つけ麺を食べに

今日は昼下がりに、マイカーでとばすこと約1時間10分、再び茨城県土浦市にあるラーメン店の「のらや」(写真上)へ行った。もちろん、お目当てはつけ麺。
1階のカウンター席へ。この時間は、店長の熊木さんが1人で切り盛りしていたのである。
のらやオススメの、のらや流つけ麺(写真中)。今回頼んだ特盛は850円。並盛は750円、大盛は800円である。
 

まず、とろろを麺にかけてから、スープに付けて食すのである。スープのゆずの香りはうまさを引き立たせるし、とろろは邪魔にならないばかりか、麺となじませるために濃いめにしているスープをより一層まろやかにし、麺との相性をより良くしている。さらに、麺を食べ終わると、スープを堪能するため、熱々の薄めのスープを少しずつ入れながらいただく。つけ麺でぬるくなったスープを温め、程よい濃さにしていくことができるのである。うまさを最大限に引き出すための心配り。感服です。
ちなみに、カウンターの前には換気扇(写真下)があるが、これは辛い麺を作るときに熱し油を入れるのだが、その時に油がはねるので、カウンターにはねた油が飛ばないようにするための配慮で置いてあるのである。

前回と同じく、「もちまる餃子」も追加。ラーメン店では珍しく水餃子である。やはり納得の味。
今日も期待して行ったが、内容はやはり期待以上。大満足。
また、土浦に行きたくなるナァ。これこそ、ドライブしてまで行きたいラーメン店である。