Kanademia’s 7th Anniversary 奏で姫&弾き語りすと(Day 1)

海の日という今日、都営バスと東京メトロ副都心線・丸ノ内線で新高円寺に向かい、軽く昼食とってから会場の「新高円寺 カナデミア」(写真上)へ。入口あたりで、既に数人が待機しており、その間に予約を入れた神崎 由衣さん(写真下)が出てきた。そして、定刻より5分遅れの12時45分に開場してから受付を行い、話で賑わう中で定刻の13時に開演。
MC挨拶。グダグダな中で、とある事情で女裝してないあけび☆さんとHikaruさんが登場。いつものように、ライブの紹介と注意事項アナウンスを行う。
魂 ~ソウル~ さん。準備してから紹介しつつ、今回は弾き語り限定と言って、まずは少し懐かしの曲を歌って突っ走る。ここからはオリジナル曲を続ける、とのことで次は軽快で熱い曲を歌って、夏の雰囲気にピッタリであった。今度は初披露の2曲を歌って、1番だけではあるものの、ほのぼのしたムードが漂った。歌った曲と後に歌う曲の事を語ってから、最後は爽やかな曲を歌って、気分良く締めくくる。
渡辺 綾子さん。全てオリジナル曲ということで、まずは柔らかな夏の曲から歌って、静まり返る。紹介して、次はやや明る目な曲を歌って、静聴しきりであった。今度は、力が湧きそうな曲を歌っていた。歌った曲を語ってから、最後はあるアニメを見て制作した曲を歌って、静けさが場内を包み込む。
ここで、10分間の換気タイム。

神崎 由衣さん。軽く紹介して、まずは淋しげな曲から歌って、場が静まり返る。一転して、激しさ全開のハイテンポ曲を歌って、手拍子を小刻みに静まっていた場内に刺激を加える。改めて紹介して、次はよく歌う熱くなる2曲を歌って、手拍子が飛び交い時折手振りしてノリノリになって締めくくる。
虹咲 まるさん。紹介してから、まずは自己紹介曲から歌って、ハイテンションぶりに場内がハレーションを起こしていた。トークを挟んでから、次は不思議な雰囲気の2曲を歌って、時折振り付けに手拍子と手振りして異世界を満喫していた。告知してから、最後は陽気なムードの曲を歌って、手振りして晴れやかになる。
ここで、10分間の換気タイム。
valさん。まずは、知名度高いアニソンを歌って、手拍子を打って賑わってくる。次は、夏らしい懐かしの曲を歌って、手拍子を鳴らしてノリノリになっていた。今度は、昼なのに夜のムード漂う曲を歌って、手拍子を響かせて気分良く。今回は懐メロでいくと語って、懐かしのアニソンを歌って、手拍子が飛び交い懐古ムードが場内を包み込む。最後は、夜のバーにピッタリな曲を歌って、手拍子を小刻みに燃え上がっていた。
前半はここまでで、換気タイムと休憩ならびに中物販・交流タイム。もちろん、神崎 由衣さんのコーナーへ行き、時間いっぱいまで話で盛り上がっていた。と、休憩が終わる頃に、意外な方に声をかけられた。虹咲 まるさんである。実は、改名前に会ったことがあって、わずかな時間ながらも話していた。
そして、いよいよ後半へ。
ラミー春兎さん。まずは、暗さと異様さを感じる曲を歌って、場が静まり返る。この後もライブは続いているが、僕は諸用があるために最後まで滞在はできず、ここで会場を後にしたのであった。