free as a bird

週初めの今夜から、3夜連続のクリスマス前のライブラッシュが始まる。初日は仕事を終えてから、東京メトロ半蔵門線・銀座線と京王井の頭線で下北沢に向かい、夕食をとってから会場の「下北沢BREATH」へ。やや早着で、定刻の18時に開場して受付を行って少ししてから、予約を入れた、ねみさんとちょいトーク。しばらくして、定刻の18時30分に開演。
manakaさん。高校生シンガーソングライター。紹介して公で歌うのは初という。まずは、やや落ち着きある曲から歌って、静聴していた。次は、やや強めの曲を歌って、場が静まり返るのであった。トークを挟んで、一転してポップで軽快な曲を歌って、やや明るさが伝わってくる。今度は、程々のテンポな明る目の曲を歌って、晴れやかなムードになる。最後は、夜の雰囲気に合わせた曲を歌って、歌声が場内に響き渡るのであった。
柊季 芽乃(ひいらぎ ちの)さん。今春に香川県から上京して、本日が活動初日という。まずは、明るさいっぱいなハイテンポ曲から歌って、手拍子を小刻みに突っ走りにかかった。紹介して、次は高校時代に歌ったという曲を歌って、手拍子を打って気分良く。トークと今後の事を語ってから、今度は知名度高いアニソンを歌って、手拍子を鳴らして時折小刻みに駆け出していた。今の状況を語ってから、最後は上京した時を想わせる曲を歌って、静聴しきりであった。軽く告知して、締めくくる。
おせわさまです。mocaさんと夢子さんのペア。まずは、歌無しのハイテンポ曲を3曲連続でダンスして突っ走りにかかると、ここからはそれぞれソロで歌無しでダンスを2曲ずつ。再び2人に戻って、またダンスを2曲。トークを一切無く締めくくる。見ている間、時々意識が飛んでいた。
雨宮 ゆりのさん。ソロ初ステージ。紹介して、まずははじけた感じのハイテンポ曲から歌って、手拍子を小刻みに途中で可愛く変身してブッ飛ばしていた。改めて紹介して、次は晴れやかなアニソンを歌って、時折手拍子を打ってハレーションを起こしている。今度は、定番アニソンを歌って、手拍子が飛び交い熱くなってきた。トークを挟んでソロならではのセットで、ロックなアニソンを歌って駆け抜けると、美しく流れるようなアニソンを歌って静まっていた。最近のライブの事と告知を語ってから、最後はハッピーなオリジナル曲を歌って、手振りしてノリノリになっていた。
ねみさん。まずは、ダークで壮絶なハイテンポ曲から歌って、場が静まり返っていた。軽く紹介して、次は一層重苦しい雰囲気な曲を歌って、静聴モードになっている。今度は、ポップでロックなハイテンポ曲を歌って、静聴していたが追って手拍子を鳴らして明るくなってきた。さらに、落ち着きあるややハードな曲を歌って、手拍子を響かせて夜更けをムード良く。そして、夜にピッタリな柔らかな曲を歌って、また静まってくる。続いて暗めの曲を歌って、手拍子が飛び交い熱さを感じてきた。最後は、明るさ満開なアニソンを歌って、手拍子を鳴らしてテンション上がってトリにつなげる。
silvaさん。まずは、流れるようなポップな曲から歌って、静聴しきりであった。軽く紹介して、次は聞き覚えあるハイテンポ曲を歌って、静まっていたが追って手拍子を打っていた。今度は、明るく軽快な曲を歌って、手拍子を鳴らして晴れやかに。改めて紹介して、顔を見せたくない事と歌った曲の事を語ってから、同じアニメの曲を2つ連続で、壮絶な曲から歌って静聴しきりで過ぎて、哀しげな曲を歌ってしんみりムードが覆ってくる。告知してから最後は、飛び抜けた明るさいっぱいな曲を歌って、手拍子が飛び交いハイになって、終わりを惜しまんとばかりにヒートアップして、約3時間半のライブは終演となった。
この後は、物販・交流タイム。チェキを撮ってもらい、少し話してから、会場を後にしたのであった。