ATreat presents Girls Sprits

月曜日から、いきなりライブというのも珍しい。しかも、少しずつ取り戻しつつあるバンドライブだ。仕事を終えてから、東京メトロ銀座線で渋谷に向かい、夕食をとってから会場の「SHIBUYA REX」(写真上)へ。18時開場なので、既に開いている。受付してから中へ入ると、約2年ぶりにAYAKA UEHARAさんと再会。開演5分前に、注意事項アナウンス。しばらくして、定刻の18時30分に開演。バンドライブなので、1組毎に転換が行われる。
MARYさん。ヴォーカル兼ベース、ギター、ドラムの3人体制。BGMの後にドラムの音と共に、MARYさんが登場。2人で、まずは緩やかなロックな曲から歌って、場を温めていた。ギターが加わり、軽くトークを挟んで、次はやや加速を付けたバンドらしさある曲を歌って、手振りをして手拍子を小刻みに熱くなっていた。紹介と今年の事を語ってから、今度は異様な音を響かせた重々しい曲を歌って、最前列ではタオルを揺らして気分良く。メンバーのグッズの事と告知を語って、パワフルなハイテンポ曲を歌って、手振りしてガンガン突き進むと、最後はノリノリな爆速曲を歌って、手振りに手拍子を小刻みにブッ飛ばしていた。
来宮 リュウさん。サポートドラムとの2人体制。軽く紹介して、まずは切なさ漂う曲から歌って、静聴モードになっていた。次は、哀愁感じる曲を歌って、演奏を響かせつつも場は静まり返っていた。今度は、ややスローで沈んだ曲を歌って、しんみりしたムードが広がっていた。さらに、悲壮感漂う新曲を歌って、夜の雰囲気を一層強めていたのであった。最後は、程々のテンポでホットな曲を歌って、明るさが戻ったような感じになる。告知してから、締めくくる。
AYAKA UEHARAさん。4人体制。まずは、やや淋しげな曲から歌って、熱さが込み上げてくる。次は、明るくノリノリな爆速曲を歌って、手拍子を軽く打ってブッ飛ばしていた。今度は、はじけた雰囲気な曲を歌って、手振りをして手拍子を小刻みに大暴走であった。紹介して、夜のムードを盛り立てる新曲を歌って、手拍子を小刻みに気分上々に大はしゃぎ。さらに、晴れやかな曲を歌って、手拍子を打ってウキウキしていた。続いて、もっとポップな爆速曲を歌って、手拍子を鳴らしてガンガンやりまくると、最後はたまっていたのを一気に吐き出すような曲を歌って、手拍子が飛び交い大賑わいでトリにつなげる。
nilfinity。4人体制。まずは、淋しげなハイテンポ曲を歌って、場内に歌声を響かせ手振りをして時折手拍子を小刻みに突っ走るのであった。次は、ロックながら緩やかな曲を歌って、落ち着き感が伝わる。紹介して、今度はダークで程々なテンポの曲を歌って、静聴しきりであった。さらに、スローに流れるような曲を歌って、より静まり返る。告知してから、最後は今までを打ち破るパワー全開な曲を歌って、手振りをして時折ヘッドシェイクして華麗に締めくくる。
あれ、手拍子が鳴り響くではないか。はい、アンコールだよ。静と動が激しく行き交う曲を歌って、手振りをして終わりを惜しまんとばかりに燃え上がって、約3時間のライブは終演となった。
この後は、物販・交流タイム。まずは、AYAKA UEHARAさんと会って昨年リリースのCDとチェキを買い、次にnilfinityのヴォーカルの歌蘭さんと会ってCDを買った。そして、22時頃に会場を後にしたのであった。