みんなで遊ぼ! natukoのお誕生会 ~Vol.2~

昨年に続いて、natukoさんのバースデーライブが今年も行われた。仕事を終えてから、東京メトロ銀座線・丸ノ内線で南阿佐ヶ谷に向かい、大急ぎで会場の「あさがやドラム」(写真上)へ。17時40分開場なので既に開いており、開演ギリギリに着いて、主役のnatukoさんに会いつつ受付してから残り少ない空き席へ。定刻の18時に開演する。このライブは、並行して配信も行われる。
natukoさん(その1)。主役が登場して、あいさつと近況を語ってから、まずは知名度高いアニソンから歌って、手拍子を鳴らして明るくなるのであった。オープニングで言う事を思い出して、初めて歌う曲を含める事も語る。ライブ感と配信感が混ざって、収拾付かない事を語ってから、次は勢い付くハイテンポ曲を歌って、手拍子を打って突っ走りにかかる。トークを挟んで、今度は夜にピッタリな晴れやかな曲を歌って、手拍子を響かせてブッ飛ばして、流れるような感じのハイテンポ曲を歌って、気分良くなっていた。今日のライブハウスの注意事項について言って、最後は歌詞が良くて歌いたかった曲を歌って、手拍子を小刻みに爽やかな雰囲気になるのであった。
ジミーチャペルさん。2年前まで、教会の牧師だった。主役から紹介されて登場して、つながり等について5分ほどトークショーを繰り広げる。過去の出来事から曲を制作した事を語ってから、まずはネガティブさを感じさせない失恋曲を歌って、静聴モードになっていた。ここで、ハンカチを使ったパフォーマンスを行う。続いては、主役を登場させてからカードマジックを行う。ソロに戻ってから、最後は明るくなる事を願った曲を歌って、静けさが漂っていた。
虹緒 翔さん。主役登場後に、紹介されてド派手に登場。近況やつながり等について、トークショー。2曲しか用意してないので、長めでも構わないとの事だ。ソロに戻って、緩やかなムードの曲を歌って、しんみりしていた。
桜弥 ひかるさん。主役が水着姿で出てから、紹介されて登場。何と「natuko水着で縛ってもらってタロット占い」のコーナーである。さあ、桜弥 ひかるさんが主役をロープで手慣れた様子で縛りにかかって、これをやるにあたっての経緯を語りつつ、時間が無いので急いでやってたそうな。縛り終えると、いよいよ占いが始まる。タロットカードを混ぜて、集めてから3つに分けて再びひとまとめしてから、主役に1枚を選ばせる。それを3種類ずつ行い、仕事運と恋愛運について語ったのだが、はてさて。終わると、ロープを解いていく。その間のトークは、某ロフトの事を語っており、ある意味危険なネタであった。
配信フィナーレ。いつも歌う曲を歌って、時折手振りして手拍子を打って、まるでショータイムである。出演者が全員登場して、配信向けのフィナーレを軽く行ったのであった。これより先は、来場者限定の時間だよ。
ここで、約15分の小休止。その間に、衣装替えが行われた。
コラボコーナー。主役と虹緒 翔さんのコラボ、虹緒 翔さんの告知の後で懐かしの有名なアニソンを歌って、時折手拍子を打って甘さを振りまいていた。主役が引いて、虹緒 翔さんのトークタイムが始まり、ここでのコスチューム等について語る。衣装替えした主役が戻って、入れ替わりで次はジミーチャペルさんとコラボ、ゆったりした曲を歌って、聴き惚れるしかなかった。番組の告知をしつつ、軽くトークするのであった。
natukoさん(その2)。主役ソロに戻って、トークで秋冬春夏の順で歌うと語ってから、まずは華麗なムードな曲から歌って、場が静まり返るのであった。歌った曲の事を語って、次はホットな曲を歌って、これからを想わせるムードが漂うのであった。今度は明るさ満開な曲を歌って、時折手拍子を打って駆け出すのであった。トークを挟んで、いつも夏に歌うアニソンを歌って、季節外れなのに気分上々なのである。感謝の言葉を述べてから、最後は前々から歌いたかった緩やかな曲を歌って、静聴しきりなまま締めくくる。
フィナーレ。出演者が登場して、写真撮影タイム。この後は、軽くバースデー祝いをやってから、物販・交流タイム。久々の再会で長めの交流をしてから、会場を後にしたのであった。