柳下 綾子 presents レコ初&バースデーライブ♪

9月下旬になると、毎年恒例の柳下 綾子さんのバースデーライブがある。しばらくは休日だったので、昼に開催されていたが、今年は平日であるため夜に開催された。
仕事を終えてから、雨が降りそうな夜の八重洲を歩きつつ、夕食をとってから会場の「銀座ミーヤカフェ」へ。着くと、既に数人並んでる。定刻より5分遅れの18時35分に開場し、受付するとして主役の柳下 綾子さんと約1年ぶりに会った。終演後に時間が取れない事が予想される為に、前物販でレコ発CDと写真を買う。そして、定刻の19時に開演。

A Littlemommy Dollhouse. ヴォーカルの「えに(絵仁さん)」とピアノの「みどり(鳴海 碧さん)」のペア。今回は、サポートパーカッションの大崎 由希さんを加えた3人体制。まずは、夏の風情を想わせる曲から歌って、場が静まり返る。紹介と主役への祝辞を述べてから、次は明る目の曲を歌って、手拍子を軽く打ってノリノリになっていた。サポートが抜けて2人になり、今度は切なさ感じる曲を歌って、静聴モードになっていた。再びサポート加わり3人に戻り、告知してから最後はハイテンションな曲を歌って、手拍子を鳴らして晴れやかなムードに変えていた。
吉澤 里美さん。まずは、夜のムード満開なジャズ曲を歌って、場が静まり返るが追って手拍子を響かせていた。紹介と主役への祝辞を述べてから、次は甘い恋愛曲を歌って、静聴モードになっていた。今度は、淋しげな曲を歌って、すっかり静まっていた。トークを挟んで、銀座の雰囲気を全面に出した曲を歌って静まり返る。告知してから、最後は主役と出会った頃の曲を歌って、明るさと強さを感じ取った。
絵仁さん。開始前の注意事項アナウンス。手拍子を響かせて登場し、軽く紹介してから、まずは明るさ満開なバースデー祝福曲を歌って、手拍子を鳴らして気分良くなる。紹介してから、次は最新のハイテンポ曲を歌って、手拍子が飛び交い時折振り付けして華やかに。今度はパワー全開な曲を歌って、手拍子を小刻みにガンガン飛ばしていた。再度告知してから締めくくるのであった。
A for-Real。まずは、庄司 みずきさんがソロで登場して、ダークがかった曲から歌って、手拍子を軽く打って突っ走っていた。ギターサポートが加わり2人体制になり、紹介と黒い冗談な祝辞を述べてから、次は明るさいっぱいな曲を歌って、手拍子を鳴らして晴れやかになっていた。ピアノサポートも加わり3人体制になると、グダグダトークを繰り広げ、一転してしっとりした曲を歌って、場が静まり返るのであった。さらに、爽やかな曲を歌って、静聴しきりであったが、追って手拍子を響かせていた。ピアノサポートが抜けて、最後は定番のあの曲を歌って、手振りして熱さ全開で主役に回した。
柳下 綾子さん。まずは、例のストレス発散のあの曲から歌って、手拍子を小刻みに時折手振りして熱くなっていた。紹介して、次は以前に制作した曲をアレンジしてリメイクした曲を歌って、手拍子を鳴らして時折手振りしてノリノリになる。今度は、よく歌う一人暮らしを始めた頃の曲を歌って、静聴モードになっていた。さらに、レコ初の新曲を歌って、手拍子響かせて気分上々であった。さあ、ここでカバー曲を歌って、手拍子を小刻みに熱く燃え上がっていた。最後は、鳴海 碧さんのピアノサポートも加わり、感謝の気持ちを込めたしっとりした曲を歌って、静聴しきりであった。

この後は、バースデー祝いでケーキも2つあって大歓喜。さらに、写真撮影タイムで大賑わいであった。
あれ、手拍子が止まらない。はい、アンコールだよ。そう、あの時に必ず歌う定番曲を歌って、手拍子を小刻みに時折手振りして、終わりを惜しまんとばかりに盛り上がって、約3時間のライブは終演となった。
この後は、物販・交流タイム。ただ、22時を回ってるため、あまり時間をかけられない。何とか回って、30分後に会場を後にしたのであった。