MELODIA Tokyo Presents 「音日記 〜6pめ〜」

9月の4連休の2日目の夕方、東京さくらトラム、都営バス、都営大江戸線で西新宿五丁目まで向かい、途中に早目の夕食と銭湯に立ち寄ってから、会場の「Music Bar MELODIA Tokyo」へ。18時30分開場なので、既に開いている。受付すると、ねみさん(写真下)と会う。そして、定刻の19時に開演。

魔王ぜんさん。まずは、夜らしくダークな曲から歌って、手拍子を打って重苦しく駆け出す。次も沈んだムードの曲を歌って、静まり返りつつ時折手振りしていた。紹介して最近の半年間の事を語って、今度は暗いながら少し軽めの曲を歌って、手振りしながら静聴しきりであった。ムード一転したハイテンポ曲を歌って、振り付けしつつ手拍子を鳴らして時折ヘッドバットして突っ走るのであった。最後は爆速な曲を歌って、手振りして時折ヘッドシェイクして大暴れしていた。
悠一郎さん。ヲタ芸ダンサーでシンガー。手拍子を鳴らしながら登場して、まずは知名度高いアニソンを歌って、手拍子を小刻みに晴れやかになる。次は緩やかな雰囲気の曲を歌って、手振りして爽やかなひとときを過ごしていた。紹介と歌った曲を語ってから、今度は懐かしのポップスを歌って、静聴モードになっていた。さらに、やや強めな曲を歌って、静まっていたが追って手拍子を鳴らして気分良く。トークを挟んで、パワフルな曲を歌って、手拍子が飛び交い駆け出すと、最後は「これぞアニソン」な曲を歌って、手拍子を響かせて華麗に締めくくる。
ねみさん。まずは、有名過ぎるあのアニソンを歌って、手拍子を鳴らして手振りしてノリノリになっていた。軽く紹介して、次は懐かしのポップスを歌って、手拍子を響かせて時折手振りして明るさいっぱいにしていた。今度は、晴れやかなハイテンポ曲を歌って、手拍子を小刻みに手振りして突っ走っていた。一転して、しっとりした曲を歌って、場が静まり返りつつ手振りするのであった。さらに、淋しげな曲を歌って、静聴しきりであった。さあ、楽しさ全開な曲を歌って、手拍子が飛び交い気持ち良くなると、最後はやや懐かしの曲を歌って、手拍子を小刻みにハレーションを起こして終演となった。
この後は、物販・交流タイム。手短に済ませると、会場を後にしたのであった。