アニソンボカロBoX 9月号 10’s Premium

しばらく空いて9月最初は、都営バス、東京メトロ副都心線・丸ノ内線で新高円寺に向かい、会場の「新高円寺カナデミア」へ。14時30分開場なので、既に開いている。受付すると、予約を入れた神崎 由衣さん(写真下)に会う。そして、定刻の15時に開演。
MCのきみえさんが登場し、いきなり軽くオリジナル曲を歌ってから、紹介とザレトーク。このライブは、出演毎にMCタイムが入る。

あけび☆さん。いきなり、コント風のオープニングトークから始まる。まずは、昼なのに夜のムード漂う曲から歌って、手拍子を打って突っ走る。軽く紹介して、次は晴れやかなオリジナル曲を歌って、手拍子を鳴らしてノリノリになる。トークを挟んで、今度は雨にちなんだポップな曲を歌って、手拍子を響かせて気分爽快になってくる。最後は懐かしのアニソンを歌って、手拍子が飛び交い出演者のヒンシュクを買いながら暴走していた。
魂 Soul さん。アコースティックギター弾き語り。まずは、明る目の曲から歌って、手拍子を打って気分良く駆け出す。次は一転して、しっとりした曲を歌って、場が静まり返るのであった。今度は陽気なオリジナル曲を歌って。手拍子を鳴らして突っ走りにかかる。ギターを下ろして、ここからはヴォーカルで迫力満点な曲を歌って、手拍子が飛び交い爆進すると、最後はさらにハイテンポな曲を歌って、手拍子を響かせてガンガン飛ばしていた。
ここで、感染拡大防止の為の換気タイムが入った。
HikarUさん。まずは、華やかなハイテンポ曲から歌って、手拍子を小刻みにブッ飛ばしていた。軽く紹介して、次は滑らかな歌声ながらロックな曲を歌って、場が静まり返るが時折手拍子を響かせていた。今度は、緩やかで流れるような曲を歌って、すっかり静まり返るのであった。トークと告知を挟んで、最後は知名度高いあのアニソンを歌って、手拍子が飛び交い熱く燃え上がっていた。

神崎 由衣さん。まずは、壮絶で激しい曲から歌って場が静まり返ると、次は晴れやかな曲を歌って手拍子を打って気分良くなってくる。今度は、有名なアニソンを歌って手拍子を鳴らしてノリノリに駆け出すと、さらによく歌うアニソンを歌って手拍子を小刻みに明るさ満開になってきた。トークと告知を挟んで、最後は最初に歌った曲をフルで歌って、手拍子を響かせて突っ走る。
ここで、バンド準備の為に小休止が入る。
星野 嘉亜(ほしのひろあ)さん。自らヴォーカルで歌い、サポートはギター、ベース、ドラムの3人。4人体制で、まずは流れる感じの曲から歌って、静聴モードになっていた。次はハイテンポな曲を歌って、すっかり静まり返るのであった。紹介して、今度は気持ち良くなる3曲が続いて、半睡半醒状態が続く。
聖夜 雪乃さん。まずは、ゆったりした曲から歌って、静聴しきりであった。紹介して、次はハードな曲を歌って、依然として静まっている。今度は、歌声の高低付けた爆速曲を歌って、静まり返ったままであった。最後は、淋しげな曲を歌って、約3時間20分のライブは終演となった。
この後は、物販・交流タイム。出演者との話に花が咲いて、19時過ぎまで滞在してから会場を後にしたのであった。