夜のお茶会 Vol.23 ~魔王様アフターバースデー~

今年初の「夜のお茶会」は、閏年当日に行われた。都電荒川線と日暮里舎人ライナーで日暮里に向かい、会場の「日暮里プロモボックス!」へ。30分前に着くと、待ちヲタがいた。定刻の18時45分に開場して、受付を済ませると早くもディナーにがっつく。そして、定刻の19時に開演。
オープニング。体内年齢が、実際の年齢より上回っている作詞家、桃海さん(写真下・後列右)のMC。まずは、注意事項アナウンスと主催の手料理紹介を経て、出演者の紹介。今回は全てで、今回の主役の柚戯さん(写真下・前列)とのコラボがある。

神夜 零さん(写真下・後列右中)。ライブの主催である。まずは柚戯さんとのコラボで、夜のムード漂う暗めの曲から歌って、歌詞を飛ばしつつ追って手拍子を軽く打って駆け出す。ソロになって、次は舞踊しつつ流れるようにメドレーで歌って、来月のツーマンライブの告知をフリップで紹介して、時折手拍子を打って、それに応えるかのように体を張った演技もする。
桃海さん。まずは、明る目の特撮オリジナル曲から歌って、時折歯の浮いたクサイ台詞を加えて、飛ばしていた。紹介して歌った曲を語ってから、次は熱いオリジナルのキャラソンを歌って、静聴モードになっていた。制作ネタを語って、今度はハードな曲を歌って、手拍子を打って突っ走る。ここで、ようやくカバー曲を歌って、手拍子を鳴らしてノリノリになってきた。最後は、柚戯さんとのコラボでカワイイ特撮曲を歌って、調子良く。
←CH∀OSDESIRE→。久々の、柚戯さんと彪音さん(写真下・後列左)のペア。まずは、知名度高いアニソンから歌って、コント状態で迷コンビぶりを全開にしていた。紹介して、次は変なハイテンポ曲を歌って、ミョーな雰囲気を醸し出す。

くまいぬこさん(写真下・後列左中)。トークを挟んでから、まずは有名過ぎるあのアニソンから歌って、手拍子を響かせて時折掛け声を上げていた。紹介して、次は子供向アニメ主題歌をメドレーで歌って、手拍子が飛び交いブッ飛ばしていた。歌った曲を語って、今度は柔らかなボカロ曲を歌って、手拍子を鳴らして明るくしていた。さらに、和風アニソンを歌って、手拍子を響かせて掛け声を上げて燃え上がる。ここで、柚戯さんとのコラボで最後は爆速曲を歌って、掛け声を上げて手拍子を小刻みにスカッと決めた。
彪音さん。まずは、しっとり感強めの曲から歌って、手拍子を打って駆け出す。と、僕が不覚にも意識が飛んでしまい、気が付けば最後の曲となり、よく歌う曲を歌って、掛け声を上げて手拍子を鳴らして陽気になっていた。
柚戯さん。まずは、切なさ感じる爆速曲から歌って、静まり返る。紹介して、次は悲壮感いっぱいな曲を歌って、手拍子を打って時折掛け声を上げてブッ飛ばしていた。今度は哀しげな曲を歌って、手拍子を軽く打っていた。さあ、一転してお祭り騒ぎな曲を歌って、手拍子を小刻みに突っ走る。最後は激速テンポな雰囲気を歌って、掛け声を上げて手拍子を小刻みに華やかに魅せたのであった。
エンディング。出演者全員が登場して、柚戯さんのバースデー祝いでケーキが出る。この後は、写真撮影タイムを経て物販・交流タイム。最後は、来月のツーマンライブの予行演習で、手料理の詰め込みを行い、会場を後にしたのであった。