第111回「アニソンやっちゃって!」

いつもなら、「アニソンやっちゃって!」は毎月第2火曜日の開催であるが、今月は祝日と重なるために初めて第1火曜日の開催となった。と言うことで、仕事を終えてから東京メトロ半蔵門線・丸ノ内線、西武池袋線で江古田に向かい、夕食をとってから会場の「江古田club Dorothy」へ。入口付近に、出演者がたまっている。定刻の18時30分に開場して受付を済ませると中で待機、そこそこヲタが増えてきた。そして、定刻の18時45分に開演。
寺井 智子さん。まずは、有名過ぎる異世界な曲から歌って、赤ライトを振って手拍子を鳴らして掛け声を上げて駆け出す。紹介して、次は熱くハードな曲を歌って、掛け声を上げて手拍子を打って時折ライトを振って突っ走ってくる。今度は激しさ全開な曲を歌って、掛け声を上げて手拍子が飛び交い赤く燃え上がる。最後は、初めて歌う可愛い系の曲を歌って、手拍子を小刻みに掛け声を上げて大はしゃぎ。
井口 妃夏さん。先月と同じコスチューム。まずは、ハイテンポで流れるようなから歌って、掛け声を上げて手拍子を鳴らして白ライトを振ってガンガン飛ばしてくる。次は、明るさ感じる曲を歌って、手拍子を響かせて場内がハレーションを起こす。今度は可愛さを表に出した曲を歌って、手拍子を小刻みにライトを振って時折掛け声を上げてミョーな雰囲気を醸し出す。さらに明るさ満開な曲を歌って、掛け声を上げて手拍子が飛び交いライトを振って賑やかになる。間に短く曲を挟んで、手振りをして掛け声を上げる。最後はパワー溢れる曲を歌って、手拍子を響かせて手振りして飴の投げ合いやって大混乱だった。
七三 凛音さん。まずは、あの知名度高いアニソンから歌って、静けさを漂わせてから手拍子を鳴らして手振りしてヲタ芸も始動して時折掛け声を上げて白熱する。紹介と告知して、次は有名過ぎる和風アニソンを歌って、掛け声を上げて手拍子が飛び交いヲタ芸も飛び出し熱さ増し増しになっている。今度は、暗めのロック曲を歌って、手振りをして手拍子を小刻みに湿っぽさを感じる。最後は、爆速でジャズ風な曲を歌って、掛け声や手拍子を小刻みに目まぐるしく駆け抜ける。

南雲 みなみさん。軽く紹介して、まずは晴れやかなハイテンション曲から歌って、緑ライトを振って手拍子を小刻みに時折掛け声を上げて気分良く駆け出す。次は切なさ感じる爆速曲を歌って、手拍子を小刻みにライトを振って時折掛け声も上げてブッ飛ばしていた。紹介して、今度は一転して初めて歌う緩やかな曲を歌って、ライトを振って静まっていた。告知して最後は、オリジナル曲を歌って、ヲタ定番掛け声を上げて手拍子が飛び交い燃えたぎっていた。
赤星 優さん。軽く紹介して、まずは刺激を盛った曲から歌って、掛け声を上げて手拍子を鳴らして手振りして赤ライトを振って爆進する。改めて紹介して、次は夜にピッタリな曲を歌って、掛け声を上げて手拍子を小刻みに場内がディスコ風になった。今度は、夜の甘さたっぷりな曲を歌って、掛け声を上げて手拍子を響かせてジャンプして色香を漂わせる。最後は、激しさ全開のオリジナル曲を歌って、掛け声を上げて手拍子を小刻みに時折ヘッドバットやってジャンプしてキックして大暴れしていた。
七瀬 なつきさん。まずはメドレーで歌い、子供向けアニメの曲から始まり、ピンクライトを振って手拍子を鳴らして掛け声を上げて陽気になり、甘さ盛り盛りな曲で、手拍子を小刻みに気分が高まると、聞き覚えある曲を歌って、手拍子を響かせてライトを振って調子付く。紹介して、次はカッコいい曲を歌って、手拍子が飛び交いライトを振って時折掛け声を上げて突っ走っていた。今度はハードな曲を歌って、手拍子を鳴らして掛け声を上げてガンガン飛ばしていた。最後は、例の有名過ぎるあのアニソンを歌って、掛け声を上げて手拍子を響かせて気分高揚したままトリにつなげる。
寿々木 はるかさん。今月から赤衣装。まずは、哀愁感じる曲から歌って、手拍子を打って赤ライトを振って夜更けに花を添える。紹介して、次は聞き覚えある有名なアニソンを歌って、手拍子が飛び交い掛け声を上げてライトを振って熱さが込み上げてくる。最後は、よく知ってるあのアニソンを歌って、掛け声を高らかに手拍子が飛び交いヘッドバットやって終わりを惜しまんとばかりに燃え上がり、約2時間半のライブは終演となった。
この後は、1日遅れの節分豆まき。そして、物販・交流タイムはチェキ撮影で大賑わい。22時を過ぎて、会場を後にしたのであった。