DEAD×OR×LIVE×ANIMESSIAH

今日は、昼過ぎからの長丁場のライブがある。都営バスで池袋駅東口に向かい、歩いて会場の「池袋Hoteyes」へ。14時開場なので既に開いており、受付して席を確保すると、少しして予約を入れた、ねみさんと会った。そして、定刻の14時30分に開演。
MCは、美木 ユウさん。まずは、あいさつと注意事項アナウンス、これからのスケジュールを述べる。あとは、前のスペース寄せを行う。
ぱてぃさん。パンが好き。手拍子に囲まれて登場し、まずはロックでハイテンポなアニソンから歌って、時折手振りして掛け声を上げて気持ち良く駆け出す。次は、明るさ感じる曲を歌って、手拍子を鳴らして追って掛け声も上げてノリノリになる。紹介して、光属性と語る。今度は、激しさ全開な曲を歌って、手拍子が飛び交い時折掛け声も上げてブッ飛ばしていた。さらに、寂しげな曲を歌って、掛け声を上げて手拍子を小刻みに突っ走る。告知してから最後は、総立ちしてパワフルな曲を歌って、掛け声を上げて手拍子を小刻みにガンガンやりまくる。
LARME(ラルメ)さん。紹介と活動を述べ、ソロで歌うのは珍しいという。まずは、暗めの曲から歌って、手拍子を打って重苦しい雰囲気が漂う。トークで歌った曲の事、岩手県盛岡市に住んでいた事を語る。次は、昨年末の紅白で歌われた曲を歌って、手振りして静まっていたが追って手拍子を小刻みに時折手振りして熱くなってくる。トークで、オリジナル曲をCDリリースしてる事と、音源を忘れて来た事を語る。最後は、知名度高いバラードを歌って、場が静まっていた。追加の告知をして、締めくくる。
みーもさん。猫耳メイド。いきなり、有名過ぎるアニソンから歌って、掛け声を上げて手拍子を鳴らして大はしゃぎ。紹介して、次も有名でハイテンポなアニソンを歌って、手拍子を響かせて掛け声も上げて時折足踏みしてジャンプやってヲタ芸も始動して加速し続ける。今度は、悲壮感漂うオリジナル曲を歌って、手拍子を軽く打って小走りにかかる。さらに、哀愁漂うオリジナル曲を歌って、静まり返るのであった。変装して最後は、知名度高いあのアニソンを声を変えながら歌って、ヲタ定番掛け声に手拍子が飛び交い晴れやかになる。
CRAZY×KRAZY。波東 鈴さん、相良 秋吉さんの男女ペア。まずは、ポップな感じのボカロ曲から歌って、手拍子を打って軽くのっていた。紹介して、次は聞き覚えある有名な曲を歌って、場が静まり返るのであった。今度は、壮大感ある曲を歌って、静聴しきりであった。告知して最後は、しっとり感ある曲を歌って、すっかり静まっていた。
特別出演。キャンセルで空いたので、特別ゲスト(男性)が2曲歌っていた。
美木 ユウさん。フリーランスで声優。いきなり、ハードロックな曲から歌って、掛け声を上げて手拍子を鳴らしていた。紹介して、次は激しさを強調した曲を歌って、手拍子を打って勢い付く。今度は程々のテンポの曲を歌って、手拍子を軽く打ってゆったりする。さらに、パワー感じる曲を歌って、手拍子を響かせて小走りにかかる。トークを挟んで、やや可愛さある曲を歌って、手拍子が飛び交いホットになる。最後は、いつも決めているアニソンを歌って、手拍子を小刻みに気分高まる。
前半が終わり、しばらくはバータイムとなる。ねみさんと客と話をしていて、4月2日にライブあることが伝えられた。約20分の小休止が終わり後半に突入すると、MCの戯言と注意事項アナウンスをしてから再開する。

もんたろーさん。まずは、ハイテンションな曲から歌って、掛け声を上げて手拍子を鳴らして陽気なムードになるのであった。紹介して、次は一転して夜のムードに合ったバラードを歌って、場が静まり返るのであった。今度は、悲壮感全開の曲を歌って、すっかり静まり返る。トークで、バラードは難しく苦手という。告知して、最後は色香漂うあの曲を歌って、手拍子を響かせて時折掛け声を上げてハレーションを起こした。
まきょこさん。ここで僕は、最初から終盤まで意識が飛んでいた。気がついた時には告知していて、最後はよく聞くあのアニソンを歌って、掛け声を上げて手拍子を小刻みにヒートアップする。
ねみさん。まずは、哀愁漂うあの曲から歌って、手振りして追って手拍子を打って突っ走る。軽く紹介して、次は切なさ感じる曲を歌って、手拍子を鳴らして時折掛け声も上げて流れるムードで進んでいく。今度は、明る目の曲を歌って、手拍子を響かせて爽やかな気分になってくる。さらに、パワー感じるハイテンポ曲を歌って、掛け声を上げて手拍子が飛び交いガンガンやりまくる。ややゆったり目の曲を歌って、軽く手拍子を打ってから、最後は元気いっぱいな曲を歌って、手拍子を鳴らして晴れやかなムードを起こした。
しんたさん。唯一の男性ソロ。まずは、特撮ソングから歌って、手拍子を鳴らして掛け声を上げてブッ飛ばしていた。紹介して次は爆速曲を歌って、手拍子が飛び交い掛け声を上げて時折手振りして大暴れ。今度は、爆速ロックを歌って奇声を上げまくって、掛け声を上げて手振りして爆走する。トークを挟んで、台詞を速読みしてミョーにテンション高い曲を歌って、手拍子を打って脳天気に突っ走ると、最後はオリジナル曲を歌って、手拍子を鳴らして掛け声を上げて燃え上がっていた。
川瀬 奈津さん。軽く紹介して、まずは掛け声に囲まれ激熱な曲から歌って、手拍子が飛び交い派手にブッ飛ばしていた。次は、明るく華やかな曲を歌って、手拍子を鳴らして気分良くなってくる。改めて紹介して、有名過ぎるアニソンを歌って、手拍子を打って時折手振りして掛け声も上げて駆け抜ける。ここで、美木 ユウさんとぱてぃさんが加わり、弾けた明るさいっぱいな曲を歌って、振り付けして手拍子を響かせて慌ただしく、大盛り上がり。ソロになって告知してから最後は、夜の雰囲気にピッタリな有名なアニソンを歌って、手拍子を小刻みに掛け声も上げて派手に盛り上がって締めくくる。
エンディング・物販歓談を経て、20時になると打ち上げの受付開始。もちろん、参加する。カラオケを開放してのフリースペース。いきなり、出演者たちがカラオケでアニソンを歌い始める。手拍子に掛け声にヲタ芸と大はしゃぎ。川瀬 奈津さんは、アイスチョコレートドリンクがオススメという。あとは、出演者と客の会話。終盤に入ると、カラオケで歌っている人以外は、静聴モードてあった。最後の曲は、ほとんどの人が白熱していた。こうして22時になり、お開きとなって会場を後にしたのであった。