TREASURE☆ISLAND SEASON 32

昨日に続いて、今日もライブがある。仕事を終えてから、東京メトロ半蔵門線・東西線からJR中央線各駅停車で高円寺に向かい、夕食をとってから会場の「Club ROOTS!」へ。既に数人が待っており、定刻の18時15分に開場。受付して、予約を入れた、ねみさんと会って話してた。さあ、定刻の18時30分に開演。
桜弥 ひかるさん。まずは、寂しげなムード感じる曲から歌って、静まっていたが勢い付いて手拍子を鳴らして時折掛け声も上げてズンズン突き進む。紹介して、次はカバーアルバムにしたアニソンのアレンジ版を歌って、民謡風な雰囲気に手拍子を打って掛け声も調子良く。今度は、出演者絡みで特撮ソングを歌って、手振りして手拍子を響かせて時折掛け声も上げて突っ走る。さらに、別の特撮ソングを歌って、手拍子が飛び交い掛け声も上げて熱くなっていた。終盤に入り、ライブに出る時に必ず歌う曲ということで、有名過ぎるアニソンを歌って、手拍子を鳴らして観客スペースに乱入して賑わうと、最後は同じ曲の別バージョンをダンスして、手拍子を打ってミョーなムードを醸し出す。
ねみさん。まずは、パワフルな曲から歌って、軽く手拍子を打って異世界に引き込まれたかのようだった。軽く紹介して、次は冬にピッタリな有名過ぎるアニソンを歌って、手拍子を鳴らして時折掛け声も上げて明るくなっていた。今度は、懐かしのアニソンを歌って、軽く手拍子を打って懐古ムードにひたっていた。さらに、情熱高きハイテンポ曲を歌って、手拍子が飛び交い白熱していた。そして、知名度高いあのアニソンを歌って、手拍子を響かせて掛け声も上げて場内がハレーションを起こしていた。続けて、有名な和風アニソンを歌って、ヲタ定番掛け声に手拍子を鳴らしてヲタ芸も始動して赤く燃え上がる。最後は、有名過ぎるアニソンを歌って、手拍子を響かせて掛け声も上げてガンガンやりまくる。
Lange Haare Munster。D.A.S.H.さんとKazu☆さんのペア。ダークな雰囲気を漂わせて、まずは知名度高いアニソンから歌って、手拍子を打って時折掛け声も上げて重くズシズシと轟かせる。紹介して、次は切なさ感じる曲を歌って、静聴モードになっていたが、追って軽く手拍子を打っていた。今度は、パワーを前に出した曲を歌って、手拍子を鳴らして場内に振動を与える。さらに、ディスコ風な夜にピッタリな曲を歌って、掛け声を上げて手拍子も飛び交いハイになる。最後は、聞き覚えある有名なアニソンを歌って、手拍子を小刻みに掛け声も上げてヒートアップする。

我竜 麻里子さん。紹介して、まずはかつてカバーしていた特撮ソングを歌って、振り付けして手拍子を鳴らして掛け声も上げてブッ飛ばしていた。次は、和風のオリジナル曲を歌って、手拍子を軽く打って突っ走る。が、ここで病み上がりの僕は風邪薬が効いたのか意識が飛んでいた。
momocaさんの時も、依然として意識が飛んでいた。
最後は、スペシャルゲストの鎌田 章吾さん。紹介して、まずは戦隊モノの曲から歌って、手拍子を鳴らして手振りして掛け声も上げて熱さを感じる。トークを挟んで、カホンサポートのSHOWさんが登場。ギターを持って、次は軽快な曲を歌って、手拍子を打って暖かなステージにしていた。トークで、最近のMac BookでCDを焼くのに失敗する事が多いと語る。今度は、駆けるような雰囲気の曲を歌って、手拍子が飛び交い突っ走っていた。さらに、テンション高まる曲を歌って、手拍子を鳴らして加速し続けるのであった。トークで、自身のワンマンライブの告知を兼ねたネタを語る。最後は、気分が最高になる曲を歌って、手拍子を小刻みに掛け声も上げて盛り上がって締めくくる。
で、終わらないよ。手拍子が止まらない。はい、アンコールだよ。ソロで登場して、少しして出演者も登場する。さあ、ここで戦隊モノのエンディング曲を歌って、掛け声を高らかに手拍子も小刻みに手振りが加わり、終わりを惜しまんとばかりに燃え上がり、約3時間半のライブは終演となった。
この後は、物販・交流タイム。しばらく話してたが、かなり時間が押しており短い中で早くも片付けとなったため、会場を後にしたのであった。