清水 舞美 アルバム「未来空」レコ発イベント

今回は、清水 舞美さんのライブと絵画展示のコラボイベントがある日だ。仕事を終えて、東京メトロ半蔵門線と都営バスで江戸川橋に向かい、夕食をとってから会場の「絵空箱」へ。ちょうど18時30分に着いて、開場したので受付する。何と「なーこ」こと、石戸 なつみさんが受付を担当していた。
中でドリンクを頼んで、少ししてから展示を見る時間ということで、しばらくは主役の絵画作品をじっくりと閲覧。19時前後に、主役の清水 舞美さんが登場。前物販が始まって、レコ発のCDを買いつつチェキも1枚。次第に観客が増えて席も埋まってきて、さらに話で賑わっている。開演10分前に、スタッフによる注意事項アナウンス。そして19時30分、ついにライブ開演。

まずは、アコースティックライブから。明る目の曲から歌い始めて、紹介と御礼を述べて今回のイベントについて語る。なお、ピアノサポートは三宅 信太郎さん。次は切なさ漂う曲を歌い、今度は本来ノーマルなライブで歌う強めの曲を歌う。トークで、歌った曲やリリースしたCDの事を語る。さらに、寂しげな曲と緩やかな曲を歌う。ここで、衣装替えを行うため、小休止が入る。
続いては、主役の作品を動画で上映しながらのライブで、動画が流され次々と歌って40分も続いた。ただ、病み上がりの僕は意識がやや飛びつつ。
歌い終わると、軽く告知タイム。来年の7月18日に、生誕ワンマンライブが高円寺HIGHにて開催されるとのことで、主役と高円寺のつながりを語る。こうして、終演となった。
この後は、物販・打ち上げ。チェキを1枚頼んだあと、しばらく滞在して、22時前に会場を後にしたのであった。