第109回「アニソンやっちゃって!」

今月に入って、風邪をこじらせて調子が良くない中で、仕事を終えてから東京メトロ半蔵門線・丸ノ内線、西武池袋線で江古田に向かい、夕食をとってから会場の「江古田club Dorothy」へ。早目に着いて「てらこ」こと、寺井 智子さんと会う。開場5分前に、着ぐるみの「はるるん」こと、寿々木 はるかさんにも会う。定刻の18時30分に開場し、中で受付してからザレ話が飛び交うのであった。そして、定刻の18時45分に開演。
七三 凛音さん。コスチュームに合わせたかのような、優雅な曲から歌って、冬のライブらしく静聴モードになりつつ軽く手拍子を打っていた。紹介して、次は一転して夜の雰囲気に合う派手な曲を歌って、掛け声を上げて手拍子も鳴らして時折手振りして勢い付く。今度は、聞き覚えある晴れやかな曲を歌って、手拍子が飛び交い時折掛け声を上げて歌詞を飛ばしつつ突っ走る。告知してから、最後はライブハウス制作のオリジナル曲を歌って、手拍子を響かせて追って掛け声を上げてブッ飛ばしていた。
七瀬 なつきさん。まずは、ゆったり可愛さいっぱいに歌って、ピンクライトを振ってハイテンポに変わるとヲタ定番掛け声に手拍子が加わりガンガンやりまくる。次は知名度高いアイドル曲を歌って、ヲタ定番掛け声に手拍子を鳴らしてライトも振って陽気に盛り上がる。紹介と告知してから、今度は有名で可愛さ満開な曲を歌って、掛け声を上げて手拍子が飛び交いライトを振って賑わう。最後はキュートで爆速な曲を歌って、ライトを振って掛け声を上げて手拍子を小刻みに突っ走るのであった。
赤星 優さん。いきなり、パワー全開な曲から歌って、掛け声を上げて手拍子を鳴らして赤ライト振って驀進する。次は、熱さ直撃してくる曲を歌って、掛け声を上げて手拍子が飛び交い燃えたぎっていた。紹介して、今度は激烈なオリジナル曲を歌って、掛け声を高らかにライト振ってジャンプして手拍子を小刻みにヘッドバットも加わり大暴走。最後は、初めて歌うハードな曲を、てらことデュエットで歌って、ライトを振って手拍子を響かせて白熱する。

井口 妃夏さん。和装で、夜のムードにピッタリな曲から歌って、手拍子を小刻みに掛け声を上げて白ライト振って冬の妖しさを醸し出す。次は、雰囲気違いなポップで明るい曲を歌って、手拍子を鳴らしてビミョーなムードに包まれるのであった。今度は晴れやかなハイテンポ曲を歌って、手拍子が飛び交い時折掛け声を上げてライト振りつつ見た目とのギャップを広げていたようだ。さらに、聞き覚えある爽やかな曲を歌って、手拍子を響かせて落ち着きを感じる。最後は、明るさ増々な曲を歌って、掛け声を上げて手拍子を打ってライト振ってジャンプしてハレーションを起こした。
寺井 智子さん。まずは、切なさ漂う曲から歌って、手拍子を打って夜更けの雰囲気をより強めていたのであった。紹介して歌った曲を語ってから、次は程々のテンポながらパワフルな曲を歌って、掛け声を上げて手拍子を鳴らして赤ライト振って冬の寒さを切り裂く熱さで突き進む。今度は、カウントダウンするあのアニソンを歌って、掛け声を上げて手拍子を小刻みに時折ジャンプして赤熱するかの如く燃え上がっていた。最後はよく聞く有名なあのアニソンを歌って、手拍子が飛び交い掛け声を上げてライト振って時折足踏みやってヘッドバットして大はしゃぎ。
寿々木 はるかさん。冬にピッタリな、白いコスチュームで登場。まずは、その雰囲気に合わせた曲から歌って、手拍子を鳴らして陽気に賑わった。紹介して、次は夜にピッタリなオリジナル曲を歌って、掛け声を上げて手拍子を響かせて場内を明るさいっぱいにしていた。今度は、ハイテンポなボカロ曲を歌って、掛け声を上げて手拍子が飛び交い派手にブッ飛ばしていた。告知してから、最後は冬の星空に合わせたあの有名なアニソンを歌って、手拍子を小刻みに掛け声を高らかに白ライトを振って、終わりを惜しまんとばかりにハレーションを起こして、終演となった。
この後は、物販・交流タイム。チェキはもちろん、はるるんの新曲CDも買ったよ。しばらくして、会場を後にしたのであった。