みんなで作るnatukoのおたんじょう会

さあ、あの声優さんのバースデーライブの日が、ついにやって来たよ!!
仕事の都合上、早稲田から都営バスと西武池袋線で江古田に向かい、会場の「江古田club Dorothy」へ。17時30分開場なので、既に開いている。受付して、前物販で主役のnatukoさんとチェキ。開演ちょっと前に、nya-66さんによるMCで注意事項アナウンス。そして、18時に開演。
白月 メルさん。紹介して、まずは夏に戻ったかのような情熱的な曲から歌って、手拍子を打っていたが聞き惚れるあまり静聴していた。主役にプレゼントしてから、次はディズニーフルメドレーを歌って、手拍子を鳴らして場を温めて晴れやかになったかと思ったら、ゆったりと静まってきて、寂しげなムードに暗さが漂ってきた。最後はオリジナル曲を歌って、パワフルな響きにただただ沈黙するばかりであった。
nya-66さん。フリップを出してから紹介して、まずはパワー全開な曲から歌って、手拍子を響かせて追って掛け声も上げてガンガン突っ走るのであった。トークを挟んで、次は夏をテーマにした有名な曲を歌って、手拍子を小刻みに時折掛け声を上げて明るさいっぱいにした。台詞を挟んで、最後は知名度低いがロックなアニソンを歌って、掛け声を上げて手拍子を打って手振りしてノリノリになっていた。
山瀬 亜子さん。まずは、落ち着きある曲から歌って、静聴モードになっていた。軽く紹介して、次は一転して強めの曲を歌っていたが、場は依然として静まり返っていた。改めて紹介して、主役とのつながりを語ってから、今度は明るく爽やかな曲を歌って、時折手振りして静聴しきりであった。トークと告知を挟んで、最後は主役との関係を強調した曲を歌って、周りが静まっていたのか歌声が場内に響き渡っていた。
ここで、約10分の小休止。nya-66さんのMCで賑やかになる。natukoさんから、前物販で撮影されたチェキを受け取る。

ねみさん。今回で、このライブハウスから「完全なる卒業」をする。いきなり掛け声を上げて、まずはハイテンションな曲から歌って、手拍子が飛び交い時折ねみちゃんコールも飛び交い熱々のステージにした。軽く紹介して、次はハイトーンなハイテンポ曲を歌って、手拍子を打って時折掛け声も上げてブッ飛ばしていた。今度は、切なさ漂う洋楽を歌って、すっかり場が静まり返るのであった。さらに、バースデーにちなんだ曲を歌って、手拍子を鳴らして主役を祝う。最後は、夜にピッタリなロック曲を歌って、掛け声を上げて手拍子も響かせて気分良くなっていた。
谷野 悠里子さん。何故か、観客スペースで柔らかな雰囲気の曲を歌って、手拍子を鳴らしていたがワンコーラスで終わる。主役のプレゼントについての台詞を挟んで、次は常夏気分な曲をメドレーで歌って、手拍子が飛び交い時折掛け声を高らかに熱さが込み上げて来る。トークで、主役に届いたかどうか、だね。最後は、ゆったり目の懐かしのアニソンを歌って、手拍子を打ってトリにつなげる。
natukoさん。まずは、御礼と紹介を述べる。ここからは、コラボタイムである。
最初は山瀬 亜子さんと、あの曲を再び歌って手拍子を打って明るさを強めていた。
次はnya-66さんと、昨年のバースデーの時に歌った曲をまた歌って、掛け声を上げて時折手振りして駆け抜けるのであった。
今度はねみさんと、すごくハイテンションな曲を歌って、手拍子を小刻みに派手に大賑わい。
さらに谷野 悠里子さんと、ポップでロックなブッ飛んだ曲を歌って、手拍子を鳴らして時折手振りして眩しくなった。
最後は白月 メルさんと、懐かしの歌謡曲を歌って、手拍子が飛び交い懐古ムードにふけっていた。
さあ、主役ソロになって手紙文(?)を読んでから、色香漂う曲を歌って、手拍子を小刻みに時折掛け声を上げて外の悪天候を物ともしない快晴ムードを振りまいた。ここでバースデー祝い、ケーキが来ていい気分。さらに、全体撮影タイム、抽選会を経て、ちょっとしたサプライズをやってから、ビデオレター上映、物販・交流タイムへと気持ちいい流れになった。チェキに話と楽しい時間を過ごして、会場を後にしたのであった。