MISSIW 10th Anniversary One-Man Live 『Revolution』

ついに今夜、MISSIWさんが活動10周年にして、初のワンマンライブを開催したのだ!! 夕方に都営三田線、大江戸線で六本木に向かい、夕食をとってから会場の「六本木morph-tokyo」へ。待ち客が結構いる中で、定刻の18時に開場。僕は、既にチケット購入済みである。入場順だが、プレミアムチケット、ゴールドチケットの列の後となっており、受付してから中へ入ると激熱の賑わいぶりだ。そして、定刻の18時30分に開演。ダンサーは、AMIさん、AILIさん、KaKoさんの3人。
オープニングアクト。AiLiさんが、いきなりハードでハイテンポな曲から歌って、青ライトを振って掛け声を上げて手拍子も打って時折AiLiコールが飛び交い突っ走る。紹介して、トップは初という。また、主役とは4年から5年来のつながりという。次は、主役気に入りのタオル回し曲を歌って、手拍子を小刻みに掛け声も上げてタオルを振って手振りしてタオル回してブッ飛ばしていた。最後は、晴れやかなハイテンポ曲を歌って、手拍子を鳴らしてライトを振って掛け声も上げてガンガンやりまくる。
ついに、 主役のMISSIWさんが登場。ダンサー2人とともに、まずは例の手振りするあの曲から歌って、掛け声を上げて手拍子を小刻みにピンクライト振って振り付け加えてジャンプして熱くなる。次は刺激全開な曲を歌って、手拍子を打って手振りしてライト振ってヘッドバットやって加速し続ける。ソロになって、ライブ来場御礼を述べて、今度はデビューして初の制作曲を歌って、手拍子を鳴らしてライトを振って緩やかな時が流れる。さらに、ダンサーが加わり落ち着きあるかに見せてハイテンポな曲を歌って、手拍子が飛び交い掛け声を上げてライト振って突っ走りにかかる。ソロになって、曲を多く制作した事を語って、主役が恐ろしいという明る目のバラードを歌って、ライトを振りつつ場が静まり返るのであった。そして、寂しげなバラードを歌って、ライトを振りつつ静聴モードになっていたが時折軽く手拍子打っていた。
ここで、ゲストヴォーカルとしてMASTER POOLさんが登場して、ラップを歌う。主役とダンサー1人が加わり、3人体制でハードでロックな曲から歌って、手拍子を打って青ライトを振って掛け声も上げてヒートアップする。

MISSIWさんソロになってから、ラップは難しいと言っていた。バックでバンドが用意され、バンドサポートを加えるのは初という。ちなみにメンバーは、ギターの鈴木 崇仁さん、ベースの平元 純平さん、ドラム&Peacの相川 雄太さん。
MISSIWバンド。まずは、ロックで元気が出る曲を歌って、青ライトを振って掛け声を上げて手拍子も打って時折手振りして大はしゃぎ。次は、派手にハイテンポな曲を歌って、掛け声を上げて手拍子を小刻みに振動轟かせて白熱するのであった。今度は、夜のムードにピッタリなロック曲を歌って、手拍子を小刻みにライトを振って時折掛け声も上げて土曜日の夜を華やかにする。まさに、迫力満点なステージであった。さらに、究極の愛の曲を歌って、赤ライトを振って掛け声も上げて手拍子を鳴らして燃え上がっていた。ここで、ギターゲストとして伊谷 亜子さんが加わり、先立たれた両親に向けた曲を歌って、掛け声を上げて赤ライトを振って手拍子も響かせて希望を燃え上がらせていた。この後、伊谷 亜子さんはトークをして引く。
ヒサ絵さん。ダンサー1人加わり、まずは色香漂う曲を歌って、手拍子を打ってノリノリになる。紹介してソロになって、長めのトークを挟んでから、最後はしっとりした曲を歌って、場がすっかり静まり返るのであった。
御三家。AiLiさん、MISSIWさん、TONEAYUさんの3人ユニット。いきなり、コント状態なトークを繰り広げて、笑いを誘う。振り付けを事前に言ってから、やや爆速な曲を歌って、赤ライトを振って手拍子を小刻みに掛け声も高らかにお祭り騒ぎになる。
TONEAYUさん。かなり賑わっていたが、僕は体調崩してしまい休憩していた。
MISSIWさん。ようやく僕は復帰して、ここからは、おなじみのライブ曲と新曲が飛び出す。まずはハイテンポな新曲から歌って、掛け声を上げて手拍子を小刻みに赤ライト振って時折ヘッドバットやって突っ走るのであった。最後はダンサー2人加わり、例のアゲアゲソングを歌って、青ライトを振って例の振り付けして手拍子が飛び交いヘッドバットやって掛け声も上げてボルテージ上がりっぱなしだった。
で、終わるわけ無いよね。アンコールだよ。主役ソロで登場し、御礼を述べてからダンサー2人が加わってアンコール曲はタオル回しの曲を歌って、掛け声を高らかに手拍子を響かせてタオル回して大盛り上がり、途中で出演者全員も登場してハイテンションに白熱して、終わりを惜しまんとばかりに燃え上がり、約2時間半のライブは終演となった。
この後は、主役へ花束とプレゼント贈呈、全体撮影タイムを経て、物販・交流タイム。もちろん、チェキと話で楽しく過ごし、会場を後にしたのであった。