第106回「アニソンやっちゃって!!」

毎月第2火曜日は、仕事を終えてから東京メトロ半蔵門線・丸ノ内線と西武池袋線で江古田に向かい、夕食をとってから会場の「江古田club Dorothy」へ。定刻の18時30分に開場すると、受付してから中で待機。その間に、ぴーにゃんが乱入してきた。そして、定刻の18時45分に開演。
石田 優人さん。本業は声優。手拍子を響かせて、まずはかっ飛ばすようなムード漂う曲から歌って、時折重さを感じさせつつもテンションを上げていた。紹介してから、これが人生初の音楽ライブという。次は定番のアニソンを歌って、ヲタ定番掛け声に手拍子を打って突っ走りにかかる。トークを挟んで、最後も有名なアニソンを歌って、掛け声を上げて手振りして手拍子も鳴らして気分良く。
宮島 誠実さん。まずは、ロックでハイテンポな曲から歌って、手拍子を打って時折小刻みに駆け出すのであった。紹介して、先に出た石田 優人さんの後輩と述べる。次は、やや明るさ感じる曲を歌って、静まっていたが時折軽く手拍子を鳴らしていた。トークを挟んで、今度はハイテンションな曲を歌って、手拍子を響かせて甲高い歌声が場内に突き刺さっていた。最後は、流れるような雰囲気の曲を歌って、手拍子が飛び交い時折小刻みになって熱さが増してくる。
あとりさん。休止前のラスト出演で、推し曲を揃えたという。まずは、美声響かせた曲から歌って、ライトを振って手拍子を打って時折掛け声も上げて途中で紹介を挟んで異世界を醸し出す。次はゆったりながらハードな曲を歌って、ライトを振って静寂な時が過ぎていた。トークを挟んで、今度は色香漂うハイテンポな曲を歌って、掛け声を上げて手拍子小刻みに駆け抜けるのであった。最後は、音源トラブルで急遽変更した乗れる曲を歌って、手振りしてライト振って手拍子を鳴らして気分良くなっていた。
寺井 智子さん。軽く紹介して、まずは有名アニメながらマイナーなアニソンを歌って、赤ライトを振って掛け声を上げて時折手拍子を打って突っ走る。改めて紹介して、次は爆速な曲を歌って、掛け声を高らかにライト振って手拍子を小刻みにブッ飛ばしていた。今度は一転して、スローで悲壮感漂う曲を歌って、ライト振って手拍子を軽く打って涼んでいた。最後は、有名ながら意外に歌ってなかった曲を歌って、ライト振って手拍子を響かせて掛け声も上げて大はしゃぎ。

ねみさん。軽く紹介して、まずはロックでハイテンポな曲から歌って、ピンクライト振って掛け声を上げて手拍子を小刻みに時折ヘッドバットもやって飛ばしてきた。次は、明るさいっぱいでやや爆速な曲を歌って、掛け声を上げて手拍子を小刻みにガンガン突っ走っていた。今度は陽気なムード満開の曲を歌って、手拍子を打って時折小刻みに手振りも加わりウキウキしてくる。さらに晴れやかな爆速曲を歌って、掛け声を上げて手拍子を小刻みに振り回す剣に加速をし続ける。最後は、知名度高過ぎるあのアニソンを歌って、手拍子を小刻みに掛け声を上げてヲタ芸も飛び出し大賑わい。
赤星 優さん。軽く紹介して、まずは熱さ全開な曲から歌って、掛け声を上げて手拍子を打って赤ライト振ってヒートアップする。次は、流れるような程々のテンポな曲を歌って、手拍子を鳴らしてライト振って落ち着きを見せる。改めて紹介して、歌った曲を語ってから、今度はオリジナル曲を歌って、掛け声を上げてライト振って手拍子を小刻みにジャンプして白熱するのであった。最後は、衣装に合わせてカッコいい曲を歌って、掛け声を高らかに手振りして手拍子も響かせて燃え上がっていた。
おりさん。紹介して、いきなり明る目でまったりな曲から歌って、場が静まり返るのであった。次は、晴れやかなハイテンポ曲を歌って、掛け声を上げて手拍子を小刻みに急加速するのであった。トークを挟んで、今度は明るさいっぱいな曲を歌って、掛け声を上げて手拍子を小刻みにノリノリになる。トークを挟んで最後は、知名度高いアニソンを歌って、掛け声を上げて手拍子を鳴らして緑ライト振ってヲタ芸やってブッ飛ばしていた。
優奈さん。まずは、切なさ漂う曲から歌って、静まっていたが追って手拍子を打って緩やかに駆け抜ける。紹介して、次はフリップを出してヲタの声が必要な曲を歌って、手拍子を鳴らして掛け声を上げてグダグダぶりをブッ放していた。今度は、例のカウントダウンするあのアニソンを歌って、掛け声を上げて手拍子を響かせてジャンプしてガンガン飛ばしていた。最後は、パワー溢れる曲を歌って、手拍子を小刻みに青ライト振って終わりを惜しまんとばかりに燃え上がり、約3時間のライブは終演。いつしか、はるるんも乱入してた。
この後は、物販・交流タイム。ねみさん、寺井 智子さんと話した後に、ライブ出演に区切りをつけるという、おりさんとも話した。時間が遅くなって、会場を後にした。