愛原 かのん 4th ONEMAN SHOW(愛原 かのん 4th単独コンサート 〜生誕祭 The party〜)

8月終わりが近づくと、愛原 かのんさんのバースデーライブが迫ってくる。仕事を終えてから、東京メトロ半蔵門線で渋谷に向かい、軽く夕食をとってから会場の「clubasia」へ。17時30分開場なので、既に開いている。受付してからドリンクをオーダーして、前物販でAYAKA UEHARAさんと会ってCDとチェキ券を買う。待機して、定刻より10分遅れの18時40分に開演。サポートダンサーは、TSUBASAさん、HAYATEさん、REONさん、Kai Mitsumoriさん、Tsumeさん、ayapiiさん、INAさん、nAgiさん。なお、曲毎にダンサーが入れ替わる。
始まると、ダンサー6人と主役が登場して、まずはハイテンションな曲から歌って、手振りをして手拍子を打って黄色ライトを振って駆け出す。ダンサー4人で次はリズム良いハイテンポな曲を歌って、手拍子を鳴らしてノリノリになってきた。ダンサー4人から6人で今度は緩やかな雰囲気の曲を歌って、掛け声を上げて手拍子を響かせてライト振ってはずんでくる。ソロになって、静かと思わせてハイテンポな曲を歌って、ダンサー2人も加わり手拍子を小刻みに突っ走る。ソロになって御礼と紹介して、1stワンマンライブと同じ会場である事と、このライブへの想いを語る。ダンサー6人で、やや淋しげなハイテンポ曲を歌って、手拍子を小刻みにジワジワと熱くなる。ダンサー4人で一転して明るい曲を歌って、手拍子を小刻みに掛け声を上げて手振りして気分良く。ダンサー2人で波動感じる曲を歌って、手拍子を小刻みに場内に刺激を与える。ソロになって、トークでライブの頻度の差が有り過ぎる事と、暑くて熱中症になる事を語る。主役が引いて動画が流れると、ダンサーの紹介と共にダンサーが4人出て来てダンスパフォーマンス第1弾をする。さあ、衣装替えした主役がソロで登場して、動画が流れて夜のムード漂う曲を歌って、場が静まり返る。続いて晴れやかな曲を歌って、手拍子を打って追ってダンサー2人と後で2人加わり4人になって爽やかに。一旦全員引いて、ダンサー4人と主役でパーティームードな曲を歌って、手拍子を小刻みに追って手振りをして掛け声も上げて明るさが増してきた。ソロになって、トークを軽くして引いた。
動画が流れて、主役のライブへの想いをじっくりと語り、本音や裏話も飛び出して、観客たちは静まっていた。

ダンサーのダンスパフォーマンス第2弾。3人登場して、さらに衣装替えした主役も加わってダンサーは4人体制となって、本日限定CD収録曲を歌って、手拍子を小刻みに掛け声も上げて手振りしてジャンプして陽気な雰囲気になってきた。ダンサーそのままに、ここでエネルギッシュ満開な曲を歌って、掛け声を上げて手拍子も小刻みにブッ飛ばしてくる。ダンサー4人と愛に満ちた曲を歌って、手拍子が飛び交い場内がハレーションを起こしていた。ダンサー4人と夜のムード漂う少し爆速な曲を歌って、手拍子を打って掛け声も上げてライブの場内だけ異なる夜を感じていた。トークを少し挟んで、バックダンサー7人の紹介をしてから、来場御礼を述べる。来年は東名阪ツアーを予定。と、生電話で主役が出ている金曜日20時からのラジオ番組のパーソナリティからかかってくる。最後は、1stシングル曲を歌って、手拍子を響かせて少し懐かしさを感じて明るさいっぱいにして締めくくる。
で、終わるわけ無いよ。手拍子が止まらない。アンコールだよ。しばらくして、オリジナルTシャツのダンサー7人登場してダンスパフォーマンスすると、主役も衣装替えして加わり、8人でステージを熱くした。主役ソロになって、アンコールとライブ来場御礼を述べる。さて、リズミカルな曲を歌って、手拍子を鳴らして水色サイリウムを振って涼しげに。ダンサー7人が加わり、リズム感ある楽しくポップな曲を歌って、手拍子を響かせて手振りして晴れやかになってくる。締めるかと思いきや、バースデーサプライズ祝い。もちろん、ケーキもあるよ。これで、約2時間のライブは終演。
この後は、全体撮影タイムを経て、物販・交流タイム。順序よくチェキを軽く話をしてから、会場を後にしたのであった。