Tokyo7Spice 歌謡ディナーショー

ライブ出演者つながりで、他のジャンルの歌謡ショーに行くこともある。
夕方に都営バスで池袋駅東口に向かい、徒歩で会場の「池袋Hoteyes」へ。定刻より5分遅れの18時35分に開場し、受付してから後ろのカウンターにてドリンクを頼む。今回のディナーショーだが、コース料理付き(スープ、サラダ、メインディッシュ、パンまたはライス、デザート)、プラス1,500円でドリンクが飲み放題(サワー、ハイボール、ウーロン茶、ジュース各種)。もちろん、全席座席(椅子テーブルセッティング)。待っていると、川瀬 奈津さんとねみさんに会う。そして、定刻より5分遅れの19時5分に開演。
【1部】
オープニングトーク。MCの音葉 みずきさんが、あいさつと注意事項アナウンスを行い、出演者が全員登場して紹介を行ってからイベントについて語る。
ねみさん。軽く紹介して、まずは色香漂う曲から歌って、軽く手拍子を打ってムード良く始まる。トークを挟んで、次は夜のムードにピッタリな曲を歌って、手拍子を鳴らしてショーらしさを醸し出す。
川瀬 奈津さん。懐かしのアニソンを歌って、軽く手拍子を打って懐古ムードになってくる。紹介してから、次は明るくポップな曲を歌って、手拍子を鳴らして晴れやかになってくる。
出来心。くまさん(男性)と麻琴さん(女性)のペア。夜の懐かしさ漂う曲から歌って、軽く手拍子を打って気分良く。紹介と活動を語ってから、次はゆったりした懐かしの愛の曲を歌って、歌謡ショーの雰囲気を強めるのであった。

カラオケコラボ。ここでは、ワンコーラスずつ歌っていく。
川瀬 奈津さん&音葉 みずきさん。アニメ映画主題歌を歌って、手拍子を打って明るさに囲まれる。
ねみさん&くまさん。昭和のムード漂うポップ曲を歌って、手拍子を鳴らしてノリノリになる。
ねみさん&川瀬 奈津さん。懐かしのアイドル曲を歌って、手拍子を響かせて異様な雰囲気になってくる。
音葉 みずきさん&麻琴さん。ゆったりした懐かし曲を歌って、手振りをしてムード良さを戻した。
出来心。デュエット定番歌謡曲を歌って、手拍子を軽く打って熱さムンムン。
ねみさん&くまさん。セクシーな昭和曲を歌って、違和感を出しながらも何とか乗り切る。
ねみさん&川瀬 奈津さん。あの有名な懐かしの野球曲を歌って、大はしゃぎに盛り上がる。
ここで、約20分ほど歓談・休憩。

【2部】
出来心。かなり古めの歌謡曲を歌って、手拍子を軽く打って昭和のカラーを出しまくっていた。麻琴さんが引いて、くまさんがソロでトークを繰り広げてから、CMにも使われた懐かしの曲を歌って、バーの雰囲気を醸し出す。トークを挟んで、今度は寂しげなアニソンを歌って、場がすっかり静まり返る。またトークを挟んで、知名度高い古めの子供曲を歌って、手拍子を鳴らして懐かしさに酔っていた。麻琴さんが戻って、告知してから最後は流れるような曲を歌って、手拍子を響かせて切なさを振りまいた。
川瀬 奈津さん。まずは、明るいハイテンポな曲から歌って、手拍子を打って雰囲気を一転させた。紹介して、歌謡曲について語る。次はカバーする歌手が多い曲を歌って、手拍子を鳴らして爽やかになってきた。トークで歌った曲を語り、最後は昔のアイドル曲を歌って、手拍子を響かせて掛け声を上げて突っ走るのであった。
ねみさん。軽く紹介して、まずは懐古ムード漂う曲から歌って、手拍子を打って晴れやかさを強める。次は懐かしの有名な青春曲を歌って、手拍子を鳴らして気分良くなってくる。今度は夏にピッタリな昭和曲を歌って、手拍子を響かせてノリノリになってきた。さらにダンスをする懐かしの曲を歌って、手拍子が飛び交い色香漂わせて週末の夜更けを華麗にした。最後は懐かしく爽やかなドラマ主題歌を歌って、手拍子を打って僕の青春時代を思い浮かばせた。
エンディング。出演者全員が登場して、感想を述べてから締めくくる。
この後は、写真撮影タイムを経て、物販・交流タイム。しばらく話をしてから、会場を後にしたのであった。