第103回「アニソンやっちゃって!」

江古田club Dorothy梅雨入りしたのか天気が不安定な中で、仕事を終えてから東京メトロ半蔵門線・丸ノ内線、西武池袋線で江古田に向かい、夕食をとってから会場の「江古田club Dorothy」(写真上)へ。直前にバタバタしたものの、定刻の18時30分に開場して受付を済ませて中へ。そして、定刻より5分遅れの18時50分に開演。
井口 妃夏さん。いきなり、音源トラブルかと思わせる曲から歌って、歌声は響き渡るが場は静まっていた。次は、妖しげなムードが漂う曲を歌って、手拍子を打って熱がこもって来た。紹介して、今回は盛り下がる曲を揃えたという。今度はギター響く明る目の曲を歌って、手拍子を小刻みに時折掛け声も上げてテンポ良く。さらに、ロックでハイテンポな曲を歌って、手拍子を鳴らして追って掛け声も上げて突っ走りにかかる。最後は爆速に近い曲を歌って、手拍子を小刻みにヲタ芸が始動して時折掛け声も上げてジャンプしてブッ飛ばしてきた。
natukoさん。まずは、知名度高いあのアニソンから歌って、手振りして手拍子を小刻みに掛け声も上げて突っ走りにかかった。次はポップで明るさいっぱいな曲を歌って、掛け声を上げて手拍子も小刻みに晴れやかな雰囲気になる。紹介と告知をして、今度はライブで初めて歌う夜にピッタリな曲を歌って、手拍子を小刻みに掛け声も上げてノリノリになる。最後は派手で爆速な曲を歌って、掛け声を上げて手拍子も小刻みにブッ飛ばしまくった。
赤星 優さん。落ち着きある曲から歌って、赤ライトを振って場が静まり返るが追って手拍子を打って気分良くなる。軽く紹介して、次は夜のムードの激しい曲を歌って、赤青ライトを振って掛け声を高らかに手拍子も小刻みに手振りをガンガンやってジャンプしてブッ飛ばしにかかった。改めて紹介して、今度は外の悪天候を吹き飛ばす懐かしの曲を歌って、手拍子を鳴らして晴れやかになる。告知して最後は、明るく派手な曲を歌って、掛け声を上げてジャンプして手拍子を小刻みに大爆走したのであった。

第103回「アニソンやっちゃって!」優奈さん。紹介して、まずは定番のあの曲から歌って、青ライトを振って掛け声を上げて手拍子も打って駆け出す。トークで、今回のスタイルを語る。次はマイナーなアニメの曲を歌って、手拍子を鳴らして賑やかになるのであった。歌った曲の事を語ってから、今度は切なさ漂うハイテンポな曲を歌って、手拍子を小刻みに突っ走りにかかる。最後は、本人がとても大事という懐かしのアニソンを歌い、バックダンサーとして井口 妃夏さんと赤星 優さんが加わり、手拍子を響かせて掛け声も上げて盛り上がる。
ねみさん。まずは、パワー溢れるハイテンポ曲から歌って、ピンクライトを振って掛け声も上げて手拍子を小刻みに大驀進する。軽く紹介して、次はやや落ち着きあるもハイテンポな曲を歌って、掛け声を上げてジャンプして手拍子も打って加速を続ける。今度は一転して可愛さ満開な曲を歌って、掛け声を上げて手拍子を鳴らして時折ねみちゃんコールも飛び交い晴れやかになる。さらにロックなハイテンポ曲を歌って、掛け声を上げて手拍子を小刻みに時折ねみちゃんコールも飛び交いブッ飛ばしてきた。最後は、有酸素運動できる知名度高いアニソンを歌って、手拍子を響かせて掛け声も上げて大盛り上がり。
羽藤 萌結さん。軽く紹介して、落ち着きある曲から歌って、赤ライトを振って掛け声を上げて手拍子も打って夜更けを漂わせる。改めて紹介して、次は重苦しさ漂う曲を歌って、場が静まり返るのであった。今度は、ゆったりした曲を歌って、すっかり静聴モードになっていた。最後は程々のテンポで淋しげな曲を歌って、手拍子を鳴らして掛け声も上げて締めくくる。
寺井 智子さん。まずは、熱さマシマシな曲から歌って、手拍子を打って掛け声を上げてジャンプして足踏みしてブッ飛ばしてきた。紹介して、次は有名でハイテンポなアニソンを歌って、掛け声を上げてジャンプしてライトを振って大暴走する。今度は定番和風アニソンを歌って、掛け声を高らかに手拍子を鳴らしてヲタ芸に、てらこコールも飛び交ってますます燃え上がる。最後は知名度高いアニソンを歌って、掛け声を高らかに手拍子を小刻みにライトを振って足踏みして大はしゃぎして、終わりを惜しまんとばかりに熱く燃え上がり、終演となった。
この後は、物販・交流タイム。派手に盛り上がり、またオモチャの剣でチェキ撮影するヲタがいた。22時10分にスタッフの撤収コールかかって、ようやく会場を後にしたのであった。