おはる 生誕主催 ~集大声SP〜

aube shibuyaけい・ぐらんで 平成最後の4連夜!! Vol.2
「けい・ぐらんで 平成最後の4連夜!!」2日目は、おはるさんのバースデー祝いかつライブ活動休止前最後のライブ!! 都営バスで池袋駅東口経由で渋谷駅、歩いて会場の「aube shibuya」(写真上)へ。18時30分開場なので、既に開いている。受付で主役と会って、名物のスパムおにぎりを買って軽食をとる。そして、定刻の19時に開演する。
小池 ジョアンナさん。軽く紹介して、まずは静けさ漂いつつポップなオリジナル曲から歌って、手拍子を打って追って掛け声も上げて調子良く。改めて紹介して、次は夜のムードにピッタリな曲を歌って、手拍子を鳴らして徐々に熱くなってきた。今度はハイテンポな曲を歌って、手拍子を響かせてリズムを刻んでノリノリになる。トークで歌った曲の事、最近のライブの事、今年でデビューして12年になる事を語る。一転して、落ち着きある曲を歌って、場が静まり返るのであった。さらに、緩やかながら明るさ感じる曲を歌って、手拍子が飛び交い心地良く。最後はキュートなデビュー曲を歌って、手拍子を打って時折小刻みになって掛け声と手振りも加わる。

おはる 生誕主催 ~集大声SP~Foxee。ヴォーカル兼ギターのYUUさん、ギターのJUNさん、ベースのTSUBASAさん、ドラムのKEIさんの4人体制。まずは、哀愁漂う曲を歌って、場が静まり返る中で突っ走る。次は、少しゆったりした感じの曲を歌って、ガンガン飛ばしていた。紹介して、一転して静けさ漂う曲を歌って、静聴モードになっていた。今度は寂しげな曲を歌って、しんみり感が一層強まったのであった。トークで、日韓のヘアーサロンの料金の事を語る。さあ、勢いを戻してテンション高めの曲を歌って、明るさを感じるのであった。最後は爆速な曲を歌って、熱く燃え上がって締めくくる。
福山 沙織さん。活動10年の、シンガーソングライター。軽く紹介して、まずは明るさいっぱいな曲から歌って、掛け声を上げて手拍子も小刻みにブッ飛ばしてきた。次は、場内をディスコにした様な曲を歌って、手拍子を打って時折掛け声を上げて手振りして加速し続けている。紹介して「おりちゃん」コールが飛び交い、活動について語る。一転して、バラードを歌って、場が静まり返るのであった。トークと告知を挟んで、最後はタオル回しの曲を歌って、掛け声を高らかにタオル回して時折手拍子を小刻みにブッ飛ばしてきた。

おはる@くまちゃんずおはる@くまちゃんず(写真下)。いきなり、ハイテンションな曲から歌って、青ライトを振って手振りして掛け声も上げて活気付く。次は落ち着きある曲を歌って、掛け声を上げて手拍子も打って時折手振りして気持ち良くなってきた。今度は程々なテンポの曲を歌って、掛け声を上げて手振りして手拍子も鳴らして爽やかさを感じる。ライブ御礼を述べて、最初に歌った曲の事を語る。さらに、バンドメンバーにもトークを吹っかける主役。さてさて、とても大人な1stシングルの曲を歌って、ライトを振りつつ静聴しきりであった。最後は哀愁漂う曲を歌って、手拍子を響かせて気持ちを思い切ってぶつけて締めくくる。
で、終わるわけ無く、手拍子が止まらない。アンコールだよ。しばらくして、主役が衣装替えをして登場。少しして、ギターサポートも加わってから、過去のライブの事を語る。楽器の演奏は、やった事がないという。で、アコギとヴォーカルだけでやるということで、まずはアニソンを歌って、手拍子を鳴らして陽気になる。和風アニソンを歌って、手拍子を打って掛け声も上げて突っ走る。トークで、ギターサポートにツッコミされる。入場特典のCDについて語って、その曲を歌って手拍子を響かせて場内に突き抜ける歌声が素晴らしかった。
まさか、これで終わったとでも? 忘れてないかな? 手拍子が止まらないよ。衣装替えをした、主役がソロで登場。今回のライブに向けての事を語って、サポートバンドのくまちゃんずが登場して、バンドメンバーの紹介。さあ、手拍子が飛び交う中で、晴れやかな曲を歌って掛け声を上げてブッ飛ばすと、最後は掛け声高らかにロックな曲を歌って、手拍子を鳴らしてヘッドバットやってヒートアップして、終わりを惜しまんとばかりに燃え上がり、約3時間10分のライブは終演。
この後は、5人が並んで御礼を述べていた(写真下)。そして、物販・交流タイム。と、その途中でバースデーサプライズ祝い。やっと順番が来て、チェキを撮って会場を後にしたのであった。