夜のお茶会 Vol.20 ~狐による平成最後の倫理大崩壊!!~

日暮里プロモボックス!お腹いっぱいになるライブ「夜のお茶会」も、平成最後の時に20回目を迎え、主催の神夜 零さん(写真下・中央)のバースデー祝いも兼ねて行われたぞ!! 昼下がりに、都電荒川線と日暮里舎人ライナーで日暮里に向かい、会場の「日暮里プロモボックス!」(写真上)へ。かなりの早着で主催と会って、開場15分前には受付嬢の神崎 由衣さんが到着。そして、定刻の18時45分に開場すると、受付して定席へ。早めに食事をはじめて、定刻の19時に開演した。
MCの桃海さん(写真下・右)が登場して、注意事項アナウンスをしてから出演者全員が登場、と言っても3人だが。でもって、グダグダトークを繰り広げるのであった。

神夜 零さんへのバースデー祝い花神夜 零さん(第1章)。寂しげな和風の曲が流れて、歌いながら踊って、場は静まっていた。次はやや洋風な曲を歌って、テンポ良くダンスをする。今度はリズムを刻む曲で、体を張った演技を魅せる。髪止めを外し、ハードな曲を歌って刀を持って、そろそろ見せ所を出しそうな雰囲気を感じさせた。そしてハイテンポな曲を歌って、殺気立たせるのであった。最後は一転して緩やかな曲を歌って、何故か散らした花びらを集める。
桃海さん。紹介してから、まずは今回の雰囲気に合わせたアニソンを歌って、オモチャの武器の音を鳴らす。それにちなんだ事を語ってから、次もそのオモチャに合った曲を発狂しながら歌って、突っ走りにかかった。告知しつつ準備してから、カホンを使って哀しげな曲を演奏する。トークで、歌った曲の事を語る。今度はカホンを演奏しながら、特撮モノをアカペラ2曲も歌ったのである。最後は、懐かしのアニソンを歌って締めくくる。

夜のお茶会 Vol.20 主催の手料理神夜 零さん(第2章)。衣装替えをして登場。ここでは、おなじみの曲を歌って流れるような雰囲気を醸し出しつつ時折荒れていた。次も、よく歌う曲で哀愁を強めていた。今度は、ジャズテイストな曲を歌って、ついに過激なパフォーマンスを魅せたのである。さらに、爽やかな曲を歌って、落ち着きを見せていた。最後は明るさ漂う曲を歌って、何故か刀を振り回して締めは命尽き果てたのであった。

夜のお茶会 Vol.20 ~狐による平成最後の倫理大崩壊!!~ 出演者柚戯さん(写真下・左)。紹介してから、まずはパワー溢れる特撮モノから歌って、ガンガン飛ばしてくる。次は戦隊モノを、桃海さんのナレーションとコラボで歌って、気分良く突っ走るのであった。トークで、歌った曲を語る。今度は、知名度高い懐かしのアニソンを歌って、夜のムードを高めてから、平成の女の子向けアニメを語って、最後はボカロを歌って、歌詞を飛ばしながら駆け抜けて、主催につなげた。
神夜 零さん(第3章)。いよいよ、クライマックスを迎えた。有名なアニソンを歌って、過激に演じていた。途中でMCタイムを挟んで、衣装替えをして、今までの和装からガラッと変えて最後は派手に大胆すぎると言って過言でないほどに演じ切って、命尽き果てたのであった。
エンディング。出演者全員登場して、各々感想を述べて終演となった。
この後は、撮影タイム。さらに、物販・交流タイム。今回は、早々と片付いたようだ。そして、会場を後にしたのであった。