『KONSOME+ × Neontetra ツーマンLIVE』 ~セイカの誕生日をKONSOME+とヒデユキでお祝いするオーガニックマンボウな日~

下北沢MOSAiC昼のライブが終わったら、すぐに渋谷から京王井の頭線で下北沢に向かい、早めの夕食を済ませてから会場の「下北沢MOSAiC」(写真上)へ。昨年以来のご無沙汰という、Neontetraとの再会とヴォーカルのセイカさんの誕生日がかかっているこの日を、待ちに待って当日を迎えたのだ。開場前から早くも長蛇の列が出来ており、定刻の17時に開場と共に受付してドリンクの引き換えや前物販でCDやタオルを買う。ちなみに、Neontetra物販コーナー担当は、平村 優子さん。しばらくして、定刻より5分遅れの17時35分に開演。
オープニング。両グループのヴォーカル2人、セイカさんともえみさんが登場。このライブのタイトルを語り、まずは春のカバー3曲メドレーを歌って、手拍子を鳴らして気分良くなると、次は元気が出るカバー2曲メドレーを歌って、熱がこもってきた。歌い終わると、セイカさんの出身地・福岡県ともえみさんの出身地・大阪府のまぜこぜトークを繰り広げていた。
ここで、10分の小休止。

『KONSOME+ × Neontetra ツーマンLIVE』 ~セイカの誕生日をKONSOME+とヒデユキでお祝いするオーガニックマンボウな日~Neontetra。手拍子に囲まれて、ヴォーカルのセイカさん(写真下・右)とベースのヒデユキさん(写真下・左)の正規メンバーに加え、サポートギターのHiroさん、サポートドラムの鯉沼 彰さんを含めた4人体制で登場。まずは、爽やかさいっぱいな曲から歌って、手拍子を高らかに響かせた。次はパワー溢れる曲を歌って、掛け声でチャージして手拍子を打って加速を続ける。紹介して、KONSOME+とのツーマンライブは5年前に計画してたが、事情でなかなかできず、今日やっと実現に至ったと述べる。今度は、観客も踊ってほしい曲を歌って、振り付けに手拍子と大変であった。さらに、ハイテンションな曲を歌って、手拍子に囲まれてセイカさんのタンバリンも加わり明るさアップする。トークで「セイカさんがピアノ演奏する」とヒデユキさんが突然発言、これには焦るセイカさん。でも、ピアノは用意されていた。さあ、セイカさんのピアノ弾き語りで、あの代表曲を歌って、ワンコーラスはピアノだけで後に全体演奏に移って春のムードいっぱいになる。そして、カバー曲をピアノ弾き語りで歌って、静聴モードになっていた。と、動画が流れ新発表という事で、7月27日(土曜日)夜に4thレコ発ライブが渋谷ギルティにて、9月8日(日曜日)昼15時にワンマンライブが下北沢MOSAICにて開催され、さらに各々のライブチケットは本日から発売するという。告知してから、終盤に突入して青サイリウムが発光して、夜にピッタリな曲を歌って、掛け声を上げて手拍子も鳴らして気分上々になると、明るさいっぱいな曲を再び歌って、手拍子を響かせて途中でセイカさんがベース演奏をしていた。最後はタオルを使う曲を歌って、手拍子にタオルが飛び交い大はしゃぎしていた。
ここで、15分の小休止。

セイカさんのバースデー祝いKONSOME+。BGMが流れる中で、ヴォーカルのもえみさん、ギターの土屋 剛章さん、ベースのイッシーさんの正規メンバーに加え、サポートドラムの4人体制で登場。Neontetraとのつながりと振り付けについて語ってから、まずは振り付けを行う曲を歌って、手拍子を鳴らして振り付けやって陽気になると、次はハイテンポな曲を歌って、手拍子を響かせて横に移動して手振りしてジャンプして熱さマシマシで突っ走る。軽く紹介して、今度は掛け声高らかにパワー全開な曲を歌って、手拍子を小刻みにガンガンとブッ飛ばした。改めて紹介して、今年リリースのアルバム収録曲を歌って、手拍子が飛び交いヒートアップすると、やや爆速な曲を歌って、一転して場が静まり返る。トークで、PVについて語る。ここで、ヒデユキさん登場の後にバースデー祝いで、セイカさんも登場する。あれ、ヒデユキさんにもプレゼント? と思いきや、何と祭り赤ハッピ。セイカさんが観客最前列で見て、KONSOME+とヒデユキさんの5人で、もえみさんとサポートドラム以外の3人が祭り赤ハッピを着て、お祭り騒ぎな曲を歌って、手振りに手拍子に掛け声とどんちゃん騒ぎ。もえみさんがギターを持って、過去の活動を語って、一転してしっとりな曲を弾き語りで歌って、場が静まり返るのであった。もえみさんがギターを置いて、パワーを凝縮した曲を歌って、掛け声を上げて手振りもして大賑わい。最後は、もえみさんが再びギターを持って、盛り上がる曲を歌って、手拍子小刻みにヒートアップする。

Neontetraコラボタイム。2組登場して、お互いのやり取りを語る。実は、大学のサークルの時からの関係という。春を通り越して夏の曲を歌って、タオルを振って掛け声も上げて明るさいっぱいなままに締めくくる。
で、終わるわけないよね、手拍子が止まらない、アンコールだよ。全員再登場して、まずは抽選会、全く当たらないのが恒例だけどね。それが済むと、Neontetra定番のあのタオルを振る曲を歌って、手拍子を打ってタオルを回して終わりを惜しまんとばかりに燃え上がり、約3時間のライブは終演となった。
この後は、全体撮影タイムを経て物販・交流タイム。やはり、長蛇の列だ。でもって、新たに発表された7月27日と9月8日のライブチケットも買う。そして、やっとNeontetraに会うことが出来た。うれしかったねぇ。
こうして、会場を後にしたのであった。