妄想レプリカント presents MADtheater

池袋adm今回のライブ会場は、見ただけではわかりにくい。何しろ、飲食店と同じ地下1階にあるからだ。都営バスで池袋駅東口に向かい、会場の「池袋adm」(写真上)へ。17時25分開場で開いているが、受付の列が長くて入るまでに時間がかかった。定刻の17時35分に開演して、それを過ぎて入った。なお、バンドライブのため1組毎に転換の小休止が入る。
AMAZE。ヴォーカルの京助さん、ギターのRIKUさん、ベースのisaoさん、ドラムのTAiKiさんの4人体制。最初から、ロック全開でガンガン飛ばしていた。途中で紹介を挟んで、一転して緩やかな雰囲気の曲を歌って、場が静まり返る。さあ、元のロックに戻してノリノリになる。告知して、最後は新曲を歌って華麗に締めくくる。
KUKU。ヴォーカルのMARQUNさん、ギターのSHUNYAさん、ベースのTAKASHIさん、ドラムのTamotsuさんの4人体制。まずは、ハイテンポな曲から歌って、掛け声に手振りと熱くなる。紹介して、次はロックな新曲を歌って、熱さ全開で飛ばすと、一転してしんみりな曲を歌って、静まってきた。程々のテンポでリズミカルな曲を歌って、駆け抜けるムードが漂う。告知してから最後の曲を歌う時に、僕は体調不良で休憩することに。

妄想レプリカント presents MADtheater税金5%。ヴォーカル兼ギターのマイモ・リティーさん、ベースのみかんさん、ドラムのもりもりさんの3人体制。だが、僕は体調が戻らず、休憩していて見ることが出来なかった。
妄想レプリカント。今回の主催。ヴォーカルのみさとさんと京助さん、ギターのさとしんさん、ベースのカケルさん、ドラムのタカヤマさんの5人体制。最初から飛ばして、掛け声を上げて手拍子も鳴らして気分良く。次の曲は、掛け声を上げて手振りして手拍子を小刻みにヒートアップする。ここで、メンバー紹介。今度はバラードを歌って、手拍子を打ってやや熱さを感じさせていた。告知してから、最後はパワー溢れる曲を歌って、掛け声を轟かせて手拍子も響かせて手振りやって大賑わい。
羽藤 萌結さん(写真下)。まずは、掛け声でチャージして夜のムード満開なオリジナル曲を歌って、赤ライトを振って手拍子を打って熱くなる。紹介して熱い曲をセットしたと言い、次はハイテンポな曲を歌って、掛け声連呼でライトを振ってブッ飛ばしてきた。今度は切なさ漂う曲を歌って、ライトを振って掛け声も上げて突っ走りにかかった。最後は気に入りの曲を歌って、掛け声を上げてライトも振って燃えたぎっていた。

羽藤 萌結さん八嶋 凛さん。今年、アイドルから転身したばかりで、今回はサポートバンド4人との共演。まずは、熱さ感じる曲から歌って、掛け声を上げて手拍子も打って様々な色のライト振って飛ばしまくっていた。紹介して、次はハイテンポな曲を歌って、掛け声を上げて手拍子を鳴らしてライトも振ってヘッドバットをやって加速を続ける。今度はハードながら緩やかな曲を歌って、掛け声を上げて手拍子も響かせて程よく駆け抜ける。ここで、プレゼントクイズをやる。終盤に入り、夜のムード満開の曲を歌って、掛け声を上げてライトを振ってヲタ芸が始動して大はしゃぎすると、最後は有名なアニソンを歌って、掛け声を高らかに手振りをしてヲタ芸も加わり盛り上がった。
工藤ちゃん。まずは、アカペラで歌って静聴モードになっていた。次はギターを持って爽やかな曲を歌って、途中で悲痛を漂わせて、しんみりした。紹介して、淋しげな曲を歌って場内に静寂が広がっていた。告知してから、終盤も緩やかな曲を歌って依然として静まっていた。最後は少し明る目の曲を歌って、静かながらも晴れやかなムードが漂っていた。
最後は、N.K SYSTEMが出演するが、22時近くになって明日に影響が出るため、予約を入れた羽藤 萌結さんに会ってチェキを撮って少し話してから、会場を後にしたのであった。