YUK☆主催 Stubbing Soul☆ Vol.1

FNVついに、2018年のライブ参加納めの日が来た。3夜連続でのライブ参加、最後の夜は仕事を終えてから、東京メトロ半蔵門線と都営新宿線で新宿三丁目に向かい、急いで夕食とってから会場の「FNV」(写真上)へ。17時25分開場なので既に開いており、ギリギリで着いて受付を済ませて用意すると、定刻の17時45分に開演。
神崎 由衣さん(写真下)。例のMC用BGMを流しながら、いきなりマスク姿で登場して近況を述べ、メドレーで歌うので先に物販や紹介やセットリストの概要などを一気に語る。まずは、知名度高いアニソンから歌って、掛け声を上げて手拍子も鳴らして駆け抜けると、次は有名でハイテンポなアニソンを歌って、手拍子を打って掛け声も上げて加速を続ける。今度は歌う頻度の高いアニソンを歌って、晴れやかに掛け声を上げて手拍子も飛び交いノリノリになる。さらに、よく歌う曲を歌って、ヲタ定番掛け声に手拍子で熱くなって、最初の曲を再び歌って掛け声を上げて手拍子も打って陽気に大はしゃぎ。
雅夜(まさや)さん。男性。軽く紹介して、最初の夜のムードにピッタリな曲をハイトーンに歌って、手拍子を打って突っ走るのであった。紹介して、約3ヶ月ぶりの出演という。次はパワー溢れるアニソンを歌って、掛け声を上げて手拍子も鳴らしてブッ飛ばしてきた。トークを挟んで、今度はハイテンポな曲を歌って、手拍子小刻みに掛け声を上げて加速を続ける。告知してから最後は、懐かしのポップを歌って、手拍子を響かせて優雅に締めくくる。
ユキハナさん。いきなり、ハイテンションなオリジナル曲から歌って、掛け声を上げて手拍子を鳴らして突っ走りにかかる。次はハイテンポなオリジナル曲を歌って、掛け声を上げて手拍子小刻みにガンガン飛ばしてきた。紹介して、主役とのつながりを語る。今度は淋しげなアニソンを歌って、手振りして静けさを漂わせる。最後は元気なオリジナル曲を歌って、掛け声を高らかに手拍子小刻みに大はしゃぎ。

YUK☆主催 Stubbing Soul☆ Vol.1Shihoさん。有名なクリスマスカバー曲を歌って、手振りして静けさが漂っていた。次は、懐かしのポップ曲を歌って、手振りして静聴しきりであった。ここで、主催のYUK☆(ゆーこ)さんとコラボ。最後は、やや明る目の曲を歌って、手拍子を打って追って手振りも加わり爽やかになってくる。
Mightyさん。男性。軽く紹介して、ハイテンポな曲から歌って、掛け声を上げて手拍子小刻みに駆け出すのであった。改めて紹介して、次は淋しげな曲を歌って、手拍子を打ってしんみりムードで過ぎていた。今度は爆速なオリジナル曲を歌って、掛け声を上げて手拍子小刻みに手振りしてガンガン飛ばすのであった。トークで、歌った曲は後にネット配信する予定という。告知してから最後は熱さ全開な曲を歌って、手拍子を鳴らして白熱してくる。
感情四魂(かんじょうよんたま)。舞宮(まみや)さん、雅夜さん、Mightyさん、YUK☆さんの4人ユニットで、企画コーナーということでクリスマス仕様の衣装で登場。メンバー紹介とプレゼントの紹介を行ってから、鼻歌イントロクイズ争奪戦を始めるのであった。第1戦はMightyさん。しばらくして、ヲタが見事に正解を言い当てる。第2戦はYUK☆さんと舞宮さん。鼻歌でも歌っても誰も答えられず、じゃんけんでやっと決まった。第3戦は雅夜さん。鼻歌で何人か外すが、正解者が出る。そして、このユニットについて軽く語って締めくくる。

神崎 由衣さんA-key(アキ)さん。悲壮感漂う曲から歌って、歌声が場内に響き渡る中で場が静まり返るのであった。紹介して、次は緩やかな曲を歌って、静聴モードになっていた。最後は盛り上がる曲を歌って、静けさを打ち破る掛け声に手拍子を高らかに、場が燃え上がった。
舞宮さん。最初が直前の曲と被って、再び歌っては掛け声を上げて手拍子も鳴らしてヒートアップする。と、異世界に入ったかのムードの曲を歌って、ステージを飛び出して回って手拍子と掛け声に囲まれた。紹介してから、YUK☆さんとコラボで有名なアニソンを歌って、手拍子を響かせて掛け声も上げて大はしゃぎ。告知して、もう1曲コラボで激しさ全開の曲を歌って、手拍子が飛び交い時折パンチやって賑やかになると、最後は有名な和風アニソンを歌って、手振りに手拍子に掛け声と燃えまくる。
伏見 由紀さん。パワー溢れる曲から歌って、ライトを振って静聴していたのであった。紹介して、久々の出演と語る。次は、柔らかな雰囲気の曲を歌って、静けさ漂わせて聴いていた。今度は明る目の曲を歌って、ずっと静聴モードのままで時間が過ぎていく。トークで、歌うのを止めようとした時に、主役から声がかかって出演したと語る。主役とのつながりを語ってから、最後はハイテンポなアニソンを歌って、手拍子を打って手振りして華やかになったまま、トリにつなげる。
YUK☆さん。紹介と来場御礼を述べて、まずは明るくロックなアニソンから歌って、手拍子小刻みに掛け声を上げてノリノリになる。次はハイテンポなアニソンを歌って、黄色ライトを振って手拍子打って掛け声上げて増々調子を上げていく。トークで、ここから初披露のオリジナル曲を歌うと語ってから、今度は季節早いが暖かさ感じる曲を歌って、後で手振りしつつも静聴モードになっていた。一転してロックな曲を歌って、掛け声を上げて手拍子も鳴らして駆け抜ける。さらに、爽やかさ感じる曲を歌って、軽く手拍子を打って時折手振りして陽気になる。今回のライブタイトルと告知を語ってから、最後は初めて歌うアニソンを歌って手拍子を響かせて手振りして掛け声も上げて突っ走る。来場御礼を述べてから、締めくくる。
で、終わらないのよ。手拍子が止まらない。アンコールだよ。でもって、あのアニソンを再び歌って、掛け声を上げて手拍子も飛び交い、終わりを惜しまんとばかりに盛り上がって、約4時間20分のライブは終演となった。
この後は、物販・交流タイム。だが、かなり遅くなっており、最終バスに間に合わないため、手早く済ませて会場を後にしたのであった。