キセキレイ Xmas LIVE2018 「Snow Masic!」

aube shibuya昨日に続いて今日も仕事を終えてから、東京メトロ半蔵門線で渋谷に向かい、夕食とってから会場の「aube shibuya」(写真上)へ。18時開場なので既に開いており、受付して待機すると、次第にヲタが加速度的に増えてきた。しかも、前はピンク・黒のオリジナルTシャツを着た、筋金入りヲタが陣取っている。そして、定刻より5分遅れの19時5分に開演。
前半。ヲタのピンクライトに囲まれてながら、生バンドのサポート4人をバックに主役の「れいたん」こと、キセキレイさんが登場。いきなり勢い付く曲から歌って、ヲタ定番掛け声に手拍子を鳴らして時折れいたんコールに肩組みにジャンプも加わり驀進する。次は柔らかな雰囲気の曲を歌って、ヲタ定番掛け声に手拍子に手振りに時折れいたんコールにライトを振って突っ走る。紹介して、今年4回目のワンマンライブの開催について語る。今度は久々の可愛い曲を歌って、ヲタ定番掛け声に手拍子にれいたんコールに台詞加わり熱くなってくる。さらに明るさ感じる曲を歌って、掛け声に手拍子にれいたんコールに手振りにステップと盛りに盛って晴れやかになってくる。やや落ち着きある曲を歌って、手拍子を響かせて小走りに駆け抜ける。トークで、ここまで歌った曲の事と今回のライブについて語る。さて、青春を感じる曲を歌って、掛け声を上げて手拍子も飛び交い追ってれいたんコールが加わり切なさ漂わせる。前半最後はポップな感じの曲を歌って、ヲタ定番掛け声に手拍子にれいたんコールにステップと気分良く盛り上がった。
前半を終えて、ここで小休止が入る。

キセキレイ Xmas LIVE2018 「Snow Masic!」ここからはゲストライブという事で、1組目のゲストである、ひまわりれぇさんが登場。ソロ出演は、稀という。まずは、ゆったりしたカバー曲を歌って、手拍子を軽やかに手振りも加わり爽やかに。紹介して、主役との2~3年のつながりを語る。次はオリジナル曲を歌って、手拍子を鳴らして気分良くなってくる。主役への祝福をやって、告知してから最後は知名度高い曲を歌って、煽りながら掛け声を上げて手拍子も響かせて追ってヲタ定番掛け声も加わり陽気に大はしゃぎ。
続いて、2組目のゲストである、AiLiさんが登場。まずは、ややハイテンポな曲から歌って、オレンジライトを振って手拍子も鳴らして掛け声を高らかにブッ飛ばしてきた。紹介して、主役とのつながりを語る。次はハイテンションな曲を歌って、青ライトを振って手拍子を響かせて追ってジャンプして夜のムードを高めてきた。最後は爆速な曲を歌って、赤ライトを振って掛け声を高らかに手拍子小刻みに追ってジャンプしてガンガンやりまくった。
後半前の、ちょっとした小休止が入る。

キセキレイ Xmas LIVE2018 「Snow Masic!」 祝花静かに後半が始まり、主役が衣装替えして登場。まずは、クリスマスのカバー曲を歌って、静まっていたが追って軽く手拍子を打っていた。一転して明るさいっぱいなカバー曲を歌って、ピンクライトを振って手拍子も鳴らしてヲタ芸も始動して掛け声を上げて大賑わい。トークで、ここまで歌った曲を語る。バンドメンバーを紹介しつつ、主役の抜き打ち質問をするのであった。今度は爆速な曲を歌って、ヲタ定番掛け声に手拍子小刻みにれいたんコールにステップとブッ飛ばしにかかった。続いての曲は、ハイテンポに戻して歌って、ヲタ定番掛け声に手拍子と突っ走る。そして、やや落ち着きある曲を歌って、場が静まり返るが追ってライトを振ってゆったりとした時が過ぎる。トークを挟んで、ここで冬にピッタリな新曲を歌って、ヲタ定番掛け声に手拍子を響かせて晴れやかに。さらにハイテンションな曲を歌って、ヲタ定番掛け声に手拍子に手振りにジャンプも加わり大盛り上がり。定番の曲を歌って、掛け声を上げて手拍子が飛び交いジャンプして手振りして明るさいっぱいになる。最後は8月にリリースした曲を歌って、白ライトを振って手拍子も打って楽しく締めくくった。
で、終わらないのよ。はい、アンコールだよ。主役がソロで登場して今回のライブについて語ってから、バンドメンバーを呼んで揃ったところで、このライブハウスにした経緯と来年初頭のライブ告知を述べる。8月に歌った、感謝の気持ちをつづった曲を歌って、静聴モードになっていた。残すところ2曲、晴れやかな曲を歌って、ヲタ定番掛け声に手拍子に手振りにジャンプとヒートアップすると、最後は手拍子を打ってから、定番のあの曲を再び歌って掛け声を上げて時折れいたんコールが飛び交いジャンプして手振りして、終わりを惜しまんとばかりに燃え上がり、約2時間40分のライブは終演となった。
この後は、全体撮影タイム。そして、物販・交流タイム。チェキの長蛇の列を経て、限られた時間の中で会えた。そして、会場を後にしたのであった。