おはる主催 『レコ発しちゃうよSP』

aube shibuya2018年最後のライブ参加週、今日から3夜連続でブッ飛ばしにかかる。初日は仕事を終えて、東京メトロ半蔵門線で渋谷に向かい、夕食をとってから会場の「aube shibuya」(写真上)へ。定刻の18時開場にピッタリで着いて、受付すると主催のおはるさんに会った。前物販で、レコ発CDとスパムおにぎり&野菜ナムルセット(写真下)を買うのであった。しばらく待機して、定刻の18時30分に開演。今回のライブは、1組ごとに転換等で小休止が入る。
国産☆二重顎。おはるさんとおはなさんのユニット。今回は、くまちゃんず4人の生バンド演奏も加わり、まずは掛け声でチャージしてからハイテンポな曲を歌って、手拍子を打って手振りして突っ走りにかかる。次は、夜のムードにピッタリな曲を歌って、手拍子を軽く響かせる。紹介して、このユニットについてグダグダ語る。今度は有名なアニソンを歌って、手振りして掛け声を上げて追ってヘッドシェイクしてブッ飛ばしてきた。トークで、デビュー当時の思い出を語る。一転してバラードを歌って、場がすっかり静まり返るのであった。さあ、最後は爆速な曲を歌って、掛け声を上げて手拍子も鳴らしてタオルを回して時折顎コールも飛び交い大はしゃぎ。

おはる主催 『レコ発しちゃうよSP』成瀬 晃一さん。紹介して、何故かラジオ体操第1から始めて、観客も一緒にやるのであった。次は懐かしのアニメの音頭を、コンガを叩きつつ大きな扇子を操って踊る。今度は別の懐かしのアニメの音頭を、一部の観客も含めてノリノリに踊る。高円寺を拠点に活動しており、今回初めて渋谷でライブ出演したという。最後は海外のダンスながら、日本でも有名な曲を踊って時折コンガを叩いて笑いを沸かせて締めくくる。
小池 ジョアンナさん。まずは、ハイテンションな曲から歌って、手拍子を鳴らして時折掛け声も上げて晴れやかな雰囲気になる。紹介して、今回の出演について語る。次は、思い入れある英語カバー曲を歌って、場が静まり返るのであった。トークで、歌った曲について語る。今度はゆったりしたラブソングを歌って、手拍子を打って甘さを漂わせるのであった。12年前に初めて制作し、当時16歳だった時の賑やかな曲を歌って、手拍子を響かせて明るさいっぱいにする。さらに、掛け声でチャージしてハイテンポな曲を歌って、手拍子小刻みにノリノリになる。物販の告知をしてから、最後はストリートライブをやった時の想いをつづった曲を歌って、しばらく静聴モードになっていたが後に手拍子を打って、パワー溢れる展開に変わって賑わっていた。

スパムおにぎり&野菜ナムルセットFoxee。韓国発のバンドグループ。ヴォーカル兼ギターのYuuさん、ギターの潤さん、ベースの翼さん、ドラムの慶さんの4人体制。まずは緩やかな曲から歌って、場が静まり返るが後で勢い増して来た。次は軽快な曲を歌って、夜のムードを強めて静けさを漂わせる。今度はハイテンポな曲を歌って、突っ走りにかかるものの静まったままであった。紹介して、今回のライブに向けて用意した事を語る。さらに悲壮感が漂う曲を歌って、静聴しきりであった。ようやくバンドらしい、爆速でガンガン飛ばす曲を歌うも、依然として場は静まり返ったまま。トークで、弦が切れたアクシデントを語る。告知して、最後は淋しげな曲を歌って、静かな時間が過ぎて締めくくる。
おはる@くまちゃんず。オープニング動画が流れてから、最初の曲を歌ってノリノリになると、次の曲は掛け声でチャージして歌って、手拍子小刻みに手振りも加わりブッ飛ばしてきた。さらに迫力増した曲を歌って、掛け声を上げて手拍子小刻みにヘッドバットやって熱さ増々で加速を続ける。紹介して、バンドメンバーに来場御礼を振って、今後の目標とレコ発の曲について語る。今度はレコ発の曲を歌って、手拍子を鳴らして哀愁も漂わせて賑やかになってくる。そして、演奏無しで悲壮感いっぱいに歌ってから、緩やかな曲を流して歌って静聴しきりになりつつも時折軽く手拍子を打っていた。トークで、ここまで歌った事やCD発売直前のアクシデント等について語る。最後は新曲を歌って、ハードで爆速な曲に掛け声を高らかに手振りして手拍子も響かせて華麗に締めくくる。
で、終わるわけないでしょ。手拍子が止まらない、ということはアンコールだよ。あれ、おはるさんがドラム? 何と、演奏楽器を入れ替えて爽やかな曲を歌って、手拍子を鳴らして掛け声も上げて調子良く見事に決めるのであった。所定の位置に戻って、アンコールの御礼を述べて重大発表を行った。内容は、来年4月28日のライブ開催とミュージックビデオをリリースすること。締めくくりはレコ発CDのカップリング曲を歌って、手拍子が飛び交い掛け声に手振りも加わり、終わりを惜しまんとばかりに盛り上がって、約3時間半のライブは終演となった。
この後は、物販・交流タイム。買ったCDを持って、おはるさんからサインをもらった。そして、明日も仕事かつライブがあるので早めに会場を後にしたのであった。