Diamomd Lily 流通版 1stフルアルバム「Now Loading」 レコ発企画 「Diamond Fes」

CLUB CRAWLここ最近は仕事が多忙なのと中身が濃いのとで、休みになると今週の疲れが出てしまって夕方までつぶれていた遊び人であった。やっと都営バスで渋谷駅西口に向かい、歩いて会場の「CLUB CRAWL」(写真上)へ。今回は、17時開場・17時30分開演なので既に始まっており、到着したのは19時過ぎということで、Hedgehog Mariesとteartの2組は出演済であった。でもって、バンドライブをやるライブハウスなのに、幕やスクリーンが無い珍しいところだった。ステージには、3組目の眠らない兎が紹介をしているところだった。
眠らない兎。ヴォーカルのmakoさん、ギターのyuyaさん、ベースのko-ziさん、キーボードのLayЯaさん、ドラムのTAKAさんの5人体制。紹介の後は、しっとりした感じの曲を歌って、場が静まり返る。終盤に入り、パワー溢れる曲を歌って掛け声を上げて駆け出すと、最後は一層ハイテンポな曲を歌って煽りをかけて掛け声に手振りに手拍子小刻みとブッ飛ばしてきた。
転換中に、予約を入れたLend Heliosのヴォーカル・LENさんに会った。
Teleco-it-Film。ヴォーカル兼ギターの荒木 直哉さん、ギターの工藤 壮一郎さん、ベースの長澤 慧大さん、サポートドラムの草間 菜帆さんの4人体制。まずは、やや落ち着きある曲から歌って場は静まり返っていた。次の曲は、やや速度を上げて歌うものの観客は静聴モードになっていた。紹介して、八王子から来ている事を語る。主催への御礼を述べて、今度はロックらしさを前に出した曲を歌って、しばらく静まっていたが追って手拍子を打ってノリノリとなった。さらに哀愁漂う新曲を歌って、何故か歌声が冬のステージにピッタリとしていた。トークで歌詞を飛ばした事をこぼして、チューニングしつつグダグダやっていた。さあ、最後は流れるような雰囲気の曲を歌って、静けさ漂っていたが追って手拍子を鳴らして気分良く締めくくる。

Diamomd Lily 流通版 1stフルアルバム「Now Loading」 レコ発企画 「Diamond Fes」Lend Helios。ヴォーカルのLENさん、キーボード・コンポーザーの じん(ねこ科)さん、ギターのtsuneさん、サポートギターのMayto.さん、サポートベースのAKiさん、サポートドラムのTak-Aさんの安定高き6人体制。手拍子に囲まれて、最初はハードな曲から歌って手拍子小刻みに変わり追って掛け声も上げて駆け出す。次はハイテンポな曲を歌って、手拍子小刻みに手振りに掛け声とブッ飛ばしてきた。紹介して、主催への御礼も述べる。さらに、このライブハウスへ行く時の事を語る。今度は、聞き覚えある暗めの曲を歌って、掛け声に手拍子を煽りながら驀進してガンガン突っ走りにかかった。告知して終盤に入り、爆速な曲を歌って手拍子を鳴らして掛け声も上げて増々燃え上がると、最後は定番のあの曲を歌って、掛け声を高らかに手拍子も響かせてヘッドバットやって白熱したまま、トリにつなげるのであった。
Diamond Lily。今回の主催。ヴォーカルの ゆーきゃんふらいさん、ギターの足立 ショウヘイさんと おさきさん、ベースの未来夜さん、ドラムのドラどらさんの5人体制。手拍子に囲まれながらメンバーが登場して、最初の曲を歌って掛け声を高らかに手拍子小刻みに打って追って手振りも加わり突っ走りにかかった。次はハイテンポな曲を歌って、手拍子小刻みに手振りして一層加速を続けるのであった。来場御礼を述べて、今度は爆速な曲を歌って掛け声を上げて手振りしてヒートアップし続ける。さらに、手振りして晴れやかな曲を歌って、手拍子を打ってムードが一転するのであった。トークで、今日のセットリストについて語る。いよいよ後半に突入して、夜のムードに合いそうな曲を歌って、掛け声を上げて手振りして手拍子小刻みに大はしゃぎすると、一転して緩やかな曲を歌って、体を揺らして手振りしてした。今後の事を語ってから、最後は掛け声でチャージしてから勢い付く曲を歌って、手拍子小刻みに手振りして驀進して華麗に締めくくった。
で、終わるわけないでしょ。手拍子が止まらない、ということはアンコールだよ。メンバーがコミュ症で乗り気でない様子だが、何とか御礼述べてから白熱する曲を歌って、掛け声を高らかに手拍子小刻みに手振りして明るく、終わりを惜しまんとばかりに燃え上がり、終演となった。
この後は、全体撮影タイムを経て、物販・交流タイム。時間が遅くなっているので、少し過ごしてから会場を後にしたのであった。